昌子源、遠藤の代表150試合出場に「未知すぎてようわからへん」

写真拡大

 日本代表は、1−0で勝利したアジアカップ・グループリーグ第2節のイラク戦から一夜明けた17日、ブリスベンで練習を行った。練習後、鹿島アントラーズに所属するDF昌子源が、記者団の取材に応じている。

 前日の試合で、MF遠藤保仁が日本人歴代最多となる代表通算150試合出場を達成。試合後のホテルでは、スタッフが用意したケーキとともに祝ったという。昌子は「すごいですよね、150試合なんて。未知ですよね。言うたら俺、ゼロやから(笑)。未知すぎてようわからへん。何がすごいかもわからへん」と、偉大な先輩の記録に率直な感想を述べた。
 
 G大阪ジュニアユース出身の昌子は、当時からG大阪に所属していた遠藤を「見てましたよ。すごいな」と言い、「自分もそうやってちょっとずつ伸ばしていけたらいいですね。何試合になるか分からんけど」と話した。
 
 日本代表は20日、グループステージ最終節のヨルダン戦に臨む。