セルジオ越後氏、日本代表150試合出場の遠藤は「まだまだやれるよ」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2節が16日に行われ、イラクと日本が対戦した。

 日本が前半に本田圭佑のPKで先制すると、スコアはその後動かず、1−0で勝利。グループ2連勝を飾った。

 試合後に『サッカーキング』の取材に応じたサッカー解説者のセルジオ越後氏は、「イラクは初戦に勝ったから守備を固めて、カウンターを狙っていた。点を取られても1失点であればOKという試合を狙っていたね。日本はペナルティエリアの近くでパスは速く回せていたけど、結局得点が入らなかった。スコアは1−0で、最終節にいろいろな可能性が残されたね」と回顧。

 また、「選手を交代させてもちょっとね。消耗もあるし、控えの選手が最終戦は奮起しないと。似た選手が多いんだよね。乾と清武が代わっても変わらなかった。もし負けたら『宇佐美を呼べばよかった』とか声が挙がるんじゃない?」と選手層についても言及した。

 同試合では遠藤保仁が日本代表として国際Aマッチ150試合出場を達成したが、「90分はちょっと厳しくなってきたかもしれないけど、まだまだやれるよ。逆に遠藤がいないと苦戦するんだしね」と話している。