写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●『マインクラフト』で作成された会場の3Dマップも公開ドワンゴは15日、「闘会議2015」と「ニコニコ超会議2015」に関する発表会を開催した。

闘会議2015はゲーム実況とゲーム大会の祭典として、1月31と2月1日に幕張メッセで開催されるイベント。発表会では『マインクラフト』で作成された会場3Dマップが公開され、「任天道場」を始めとする各ブース・ステージの内容が発表された。

また、4月25日26日に開催を予定している「ニコニコ超会議2015」のロゴマークと協賛各社が発表になったほか、送迎バスツアーと入場券価格の詳細も公開された。まずは、今月末に開催を控えた「闘会議2015」の詳細から紹介していこう。

「闘会議2015」は、「ニコニコ超会議」から"ゲーム"ジャンルだけをピックアップして拡大したようなイベントである。会場は千葉県・幕張メッセ。ホール4、5、6を使用し、1月31日(10:00〜18:00)と2月1日(10:00〜17:00)の2日間にわたって開催される。

「ゲーム実況とゲーム大会の祭典」と銘打っている通り、会場の各ブース・イベントステージでは、ゲーム実況プレイやゲーム大会などが行われ、ニコニコ動画で人気のゲーム実況者なども多数出演する予定だ。

発表会では、ゲームのイベントらしく『マインクラフト』で作成された会場の3Dマップが公開され、実際に会場を歩きながら各ブースの紹介が行われた。任天堂やセガ、スクウェア・エニックス、ソニー、バンダイナムコゲームス、ガンホー、コロプラ、mixi、LINEなどゲーム関連会社のブースがずらりと立ち並ぶ中、実況ストリートやゲーム実況ステージ、レトロゲームエリア、アナログゲームエリアなど、幅広いジャンルのブースが用意されている。

そのほかにもコスプレエリアでコスプレを楽しんだり、まるなげひろばで自分の好きなゲームを持ち寄って遊ぶといった楽しみもある。企業ブースでもユーザー参加型の企画や大会が多数行われる予定で、単なる展示や試遊に留まらないのが特徴だ。ユーザーが主体となる部分は、「ニコニコ超会議」から踏襲された特徴といえる。

ユニークなのは、「遊者(ゆうしゃ)のコミュニケーションツール」として用意された"勲章"制度。闘会議のブースを体験したり、ゲームで勝利したりすることでもらえるグッズで、星の数によりランク付けがなされている。例えばブースを体験するだけだと星1つ、ゲーム対決などで勝利すると星2つ、大会などで優勝すると星3つといった具合だ。発表会で現物が披露されたが、きちんと作られたピンバッジとなっており、質感もなかなかのもの。これは集めたくなりそうだ。

各ブースでの企画は非常に数が多く、とてもすべてを紹介することはできないので、詳細は公式サイトまで。ここでは主だった企画を紹介しよう。

まずは今回の特別協賛企業である任天堂ブース「任天道場」。『スーパーマリオブラザーズ』『みんなのリズム天国』など任天堂ゲームの腕前を競い合うユーザー参加型エリアとなっており、優秀な成績を収めたプレーヤーが道場主に挑戦。倒すことができれば豪華オリジナルグッズがプレゼントされる。なお、看板の題字はスタジオジブリの鈴木敏夫氏が手がけている。

注目の企画は「つなげ!兄弟の絆 ブラザーズリレー」。1985年にファミコンソフトとして発売され、世界中で人気となった『スーパーマリオブラザーズ』と、2013年に発売となった『ニュー・スーパールイージ・U』が、30年の時を超えて兄弟でたすきをつなぐリレープレイだ。要するに、「スーパーマリオブラザーズ」と「ニュー・スーパールイージ・U」を連続でプレイするタイムアタックなのだが、コンセプト的に親子で楽しめそうで面白い。

ゲーマーなら、ゲーム大会ステージで開催される真剣勝負も見逃せない。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 2on2 闘会議1DAYトーナメント』の優勝チームには、「2on2プレミアムファイト」の優勝チームとともに「ニコニコ超会議2015」にて行われる『スマブラ日米決戦(仮)』に日本代表として出場できる権利が与えられるほか、「TOPANGA 闘会議マッチ」では「ウメハラ」「ときど」「ボンちゃん」「マゴ」といった『ウルトラストリートファイターIV』の強豪プレーヤーによるエキシビジョンマッチが開催される。プロゲーマーの熱い戦いを間近で観戦しよう。

親世代なら「レトロゲームエリア」にも注目だ。ファミコンゲームの裏ワザや隠しコマンドを体験できる「裏ワザ研究会」や、ゲーム年表、レア度の高いゲームの展示など、世代を超えて楽しめるブースになりそうだ。

●「ニコニコ超会議2015」の続報も発表いろいろな意味でニコニコらしさがあふれているのが、リアルゲームエリア。2015年春発売予定のWii U専用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』の世界観をリアルに楽しめるほか、実際に22人の選手、審判、実況、サッカーコートをそろえてサッカーゲーム『FIFA15』を行う「リアルサッカー」企画も行われる。実況アナウンサーとして、プロのサッカーコメンテーターである西岡明彦氏、野村明弘氏が参戦。これぞ本物の"実況"プレイだ。

そして、もちろん、イベント全体の主役となるのは「実況プレイ」。ゲーム実況ステージでは『マインクラフト』『マリオカート』、そして自作ゲームなど、「ニコニコ動画」で人気の高いゲームを、人気ユーザーが出演して実況プレイする。「実況ストリート」と合わせて楽しみたい。

「闘会議2015」は2015年1月31 日)土)と2月1日(日)に幕張メッセで開催。初日は10:00〜18:00、2日目は10:00〜17:00の開催となる。現在、優先入場券が2日通し券1,700円、一日券1,200円、1般入場券が2日通し券1,500券、1日券1,000円(前売)、1日券1,500円(当日)で発売中。

○ニコニコ超会議2015

そして4月25日、26日に幕張メッセにて開催を予定している「ニコニコ超会議2015」についても続報が発表された。まずは協賛企業の発表から。

今回は超特別協賛としてKDDI株式会社が参加する。KDDIの田中社長は昔からニコニコ動画のファンということで、ビデオメッセージで協賛できることへの喜びを語っていた。

また、特別協賛にはスズキ株式会社と任天堂株式会社、協賛には株式会社アデランス、ネスレ日本株式会社、株式会社ファミリーマートが名を連ねている。さらに、公式旅行代理店としてトップツアー株式会社が参加する。

トップツアー協力のもと、今回も遠方在住者のためのバスツアーが組まれることになった。大阪、名古屋、仙台の全国3カ所から出発する送迎バス「ニコニコ超ツアー」を催行する。応募期間は2月2日〜28日。なお、この場合、帰りのバスが2日目に夕方に出発することになるため、最後の超パーティーへの参加が難しいのではという質問が会場から飛び出した。この点については次回以降の発表会で案内があるという。

さらに、超特別協賛であるKDDIの協力により、宿泊費や超フードコートお食事券、お土産などさまざまなお得要素が含まれたプラン「au超VIPツアー」も実施が決定。詳細は公式サイトを要確認だが、申し込むためには2月1日〜28日までの間に全国のau取扱店でauスマートフォンを新規購入(またはMNP)、機種変更を行い、かつauキャンペーンサイトにて応募することが条件となる。

超会議の入場券は、今回も一般入場券の他、優先入場券を用意。また、auスマートパス会員限定で、通常よりも安く早く手に入れることができる「超会議2015スマート入場券」(優先入場券)を販売する。それぞれの価格は以下の通り。

1.一般入場券…【前売券】1,500円、【当日券】2,000円、【2日通し券】2,500円2.優先入場券…【1日指定券】1,600円、【2日通し券】2,700円3.超会議2015スマート入場券(優先入場券)…【1日指定券】1,500円、【2日通し券】2,500円

「ニコニコ超会議2015」は4月25日、26日に幕張メッセで開催予定。今回は1〜11ホールをすべて貸し切っての開催となる。2014年4月末に開催した「ニコニコ超会議3」では会場来場者数12万4,966人、ネット来場者数 786万4,158人を動員した。

(山田井ユウキ)