バレンタインにお子様のお菓子作りを手伝う予定はありますか?

写真拡大 (全12枚)

 クックパッドは、1月6日〜1月9日の期間、レシピサイト「クックパッド」ユーザー709人(幼稚園/保育園〜高校に通う女子の母親)を対象に、バレンタインに関するアンケートを実施した。

 バレンタインに子どものお菓子作りを「手伝う予定がある」「未定だが手伝う可能性がある」との回答が7割以上だった。バレンタイン当日が土曜日となる今年は、13日にお菓子を渡す人が多くなると予想され、「手伝う予定がある」ユーザーによるレシピ検討は「2月1日〜6日」、お菓子作りは「2月9日〜12日」との回答が最多となった。また、約半数は本番前の練習を検討していることがわかった。

 子どものお菓子作りでは、「6人分以上作る」との回答が約6割を占め、子どもたちのバレンタインは恋愛よりも「友達コミュニケーション」が主流となっている様子がうかがえる結果となった。バレンタインにかける予算総額は「1,001〜3,000円」との回答が圧倒的に多く、回答の分布を調べた結果、30人分以上作る人の場合は1人分を100円未満から検討していることがわかった。また、「お菓子作りを手伝うときの悩み」を聞いたところ、手間や金銭的な問題よりも「何を作るか」に最も頭を悩ませており、バレンタインにおける「友達コミュニケーション」を気遣う母親たちの姿が見られた。なお、クックパッド編集部では、悩みを解決できるレシピとして、安価で大量に作れてラッピングも簡単な「スプーンチョコ」に注目しているという。