脳死と判定された6歳未満の女児の父親が葬儀であいさつ

ざっくり言うと

  • 脳死と判定され、臓器を提供した6歳未満の女児の葬儀が16日、営まれた
  • 女児の父親は葬儀にて「娘を誇りに思う」とあいさつし、報道陣に一言話した
  • 脳死で臓器提供した子どもの家族が提供直後に公の場で発言するのは初めてだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング