インドで8本の手足を持つ少女 神扱いされていたが手術後「のけ者」に

ざっくり言うと

  • 8本の手足を持つインドの少女が分離手術後にのけ者にされているという
  • 以前は神の生まれ変わりだと目され、村民たちに尊ばれていた
  • 手術後に故郷に帰ると村民からのけ者にされ、体には激痛が走るとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング