1月15日(木)、羽田空港にて出国記者会見に出席した石川遼。22日(木)に開幕する「ヒューマナチャレンジ」への意気込みを語ったが、国内男子ツアーで話題になっている懸案事項“賞金王などによる長期シード保有者に対して出場義務5試合を課す新ルール”について問われると、持論を展開した。
 「ルールで縛っても結局(松山)英樹みたいにメンバー登録しないという選択もできる。(ゴルフは)選手一人一人が個人事業主。それぞれに考え方がある」と、5試合出られる保証ないとして国内ツアーシード辞退という選択をした松山の決断に触れた。
【関連ニュース】
ブリヂストンゴルフの新モデルは赤いクラウン?クーチャーのテストを目撃!!
女王アン・ソンジュがFIDRAと契約「コーディネートするのが楽しみ」
7回目の出場となる宮里優作「目標を決めずに、1ホールずつ対処したい」
松山は好調を維持し苦手大会へ!「良いプレーを今週も」
松山英樹、V逸もランクトップ10入り FedExカップポイント