ローマ法王がパリ銃撃事件にコメント 殺人を非難しつつも風刺画に苦言

ざっくり言うと

  • ローマ法王が15日、フランスのパリで起きたテロ事件について言及した
  • 「神の名においたいかなる殺人もばかげている」と非難
  • 「他人の信仰を侮辱したり、笑うべきでない」とも述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング