斎藤工 人肌恋しくなる季節も「今のところ湯たんぽで」

写真拡大

 1月14日、俳優の斎藤工(33)が都内で行われたWOWOWシネマの特別番組『特集:100人の映画通が選んだ“発掘良品”』の公開収録に臨んだ。収録後の取材では、番組名とかけて「最近発掘したもの」が話題となり、齋藤は「湯たんぽ。湯たんぽが待っている布団に滑りこむ瞬間がたまらない」と笑顔で語った。

 そんな素朴な一面を見せた齋藤に「人肌は恋しくならない?」とさらなる質問が。「人間もいいとは思うけれど……そちらはまだです。時期が来たら、ということで」とさらりと返し、「今のところ湯たんぽと近くの銭湯で温もりはチャージしています」と満足気だった。

 同番組は「面白い」を基準に作品を選ぶ『100人の映画通が選んだ“発掘良品”』(TSUTAYAのレンタルコーナーで実施)とWOWOWシネマがコラボしたもの。齋藤と映画通のゲストが“知る人ぞ知る本当に面白い映画”を紹介する企画で、この日はゲストにジャズシンガーの綾戸智恵(57)を迎えて収録を行った。3月16日〜19日放送。

(撮影/小山伸正)