ペース配分を意識する香川真司「自分なりにコントロールしたい」

写真拡大

 イラク代表とのアジアカップ第2戦を翌日に控えた日本代表は15日、前日練習を行った。

 ドルトムント所属のMF香川真司は練習後、イラク代表について「相手はカウンターも、ポゼッションもできるチーム」と警戒。試合に関しては「暑さもあり、相手の時間帯も必ず出てくると思うので、自分たちの時間帯をより長くして、先制点を取れれば、より効率の良いサッカーになると思います」と語った。

 また、香川は「この気候なので、体力的に消耗しやすいと思います。そういう意味では交代で出場する選手も大事ですし、ペースを自分なりにコントロールしていきたいです」と述べた。

 さらに「この前(パレスチナ代表戦)は攻め急ぐ場面がありました」と香川は主張。「時間を使ってボールを落ち着かせることも必要になってくると思います」と続け、状況に応じたプレーを心がけることが重要だとの考えを明かした。