岡崎、2戦連続得点へ…ストライカーとして「まだまだ迫力を出したい」

写真拡大

 15日、アジアカップ第2戦でイラク代表と対戦する日本代表が前日練習を行った。

 初戦でヨルダン代表に1−0で勝利しているイラク代表。日本代表FW岡崎慎司は、引いてカウンターを狙ってくると予想される相手に対して、「僕はそこまでリスクを犯す必要はないと思っている」と語る。

「常に最悪のことを考えて、リスクマネジメントするのはアジアカップでは絶対必須ですし、そういう部分を考えながらプレーする機会だと思うので、あとはどれだけ勝ちに徹することができるか」

 岡崎は試合のポイントを挙げると、「やっぱりCKだったり、スキを見せてはいけない。どこからでも、何かが起こるのがアジアカップ」と気を引き締め、「そういう意味では90分間気の抜けない戦いだし、日本はそれが課題だと思う」と口にした。

 さらに、初戦のパレスチナ戦でゴールを挙げている岡崎は、「点取ることに関してはまだまだ迫力を出したいし、入り方の質だったり、クロスの質だったり、いろんなところを高めていきたい」と得点への意欲を示しながら、「そういう真剣勝負ができる場が明日はあると思うんで、楽しみです」と語っている。