長友が乾と武藤に“自分をおとりに使え”と要求

写真拡大

 パレスチナ戦で左サイドを制圧し、2得点に絡む活躍を見せたDF長友佑都(インテル)が、16日のイラク戦に向け、「右サイドにかなり強力な選手がいるので、そこの1対1の勝負が非常に大事になってくる。オーバーラップの勝負では負けたくない」と、初戦に続いてゴールを演出することを誓った。

 パレスチナ戦で出た課題は、ここ数日のトレーニングで徐々に解消しているという。それは「いいところまで回せているけど、最後のところの精度の部分が足りなかった」ということ。アギーレ監督も「クロスの精度が低い」と苦言を呈している。

 ただ、選手間では単純に上げる側の精度の問題ではないという見解で一致している。「精度はまだまだ上がるけど、精度だけの問題ではなく、中との関係もある。練習でも岡崎や(本田)圭佑とどんどん話し合っているし、コミュニケーションを取れているので修正できてくるかなと思う」と、練習の成果に手応えを感じている。

 イラク戦に向けてはさらにFW乾貴士(フランクフルト)やFW武藤嘉紀(F東京)に「自分をおとりに使え」という要求をしている。「僕自身、まだまだ走らないといけないと思っている。僕の前を走る選手である乾や武藤にもっともっと気持ち良くプレーさせてあげたい。僕がDFを引きつける動きをしたり、どんどんおとりに使ってもらいたい。彼らには気持ち良くやってもらいたい」

「チームのためにどれだけ走れるか」を今大会のテーマにしていると話していた長友。イラク戦では初戦以上の献身的な走りを見せるつもりだ。

(取材・文 矢内由美子)