セルフィー向けのミラーレスカメラ、富士フイルム「X-A2」

写真拡大

富士フイルムは米国販売の新しいコンパクトミラーレスカメラとして、「X-A2」を発表した。クラシックな外観と、今風の「セルフィー」仕様を取り入れたモデルだ。

「セルフィー向けのミラーレスカメラ、富士フイルム「X-A2」」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年に発売された富士フイルム「X-T1」は、わたしたちが気に入ったカメラの1つである。そのX-T1に、タイムレスな外観をもつコンパクトな兄弟が誕生した。

X-A2」は、X-T1とは異なるイメージセンサー、16メガピクセルAPS-Cセンサーを中心に構築した新しい新ミラーレスモデルで、富士フイルムのXマウントレンズを利用する。

古典的な美しい外観にもかかわらず、このカメラは昨今の流行を視野に入れてつくられている。3インチの液晶ディスプレイをひっくり返して向きを変えることができるので、セルフィー(自撮り)がしやすいのだ。オリンパスの「PEN E-PL7」にも同様の機能があったが、もちろんこのカメラを自撮りに使う必要はないし、わたしたちも決しておすすめはしない。

X-A2は、マニュアル露出調整と撮影モードを調整するためのモードダイアルとコマンドダイアルが上部についている。ISO感度は25,600に及び、RAW撮影も可能だ。富士フイルムによれば、オートフォーカスの速度は0.3秒。X-T1の驚異的な0.08秒には敵わないが、十分な速度だ。

動画モードでは、X-A2は1080pのビデオを30fpsで撮影できる。また、画像をアプリで管理できるよう、Wi-Fiが組み込まれている。発売は2月からで、16-50mm/F3.5-5.6キット・レンズ付きで550ドルの予定だ。

TAG

Digital CamerasGadgetSelfieWIRED US