●神様、出雲へいく

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会2015

<キャスト>

桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
乙比古:高橋広樹
霧仁・悪羅王:諏訪部順一
猫田あみ:佐藤聡美
上島ケイ:清水香里
鬼切(おにきり):新子夏代
虎徹(こてつ):大久保ちか
沼皇女(ぬまの ひめみこ):堀江由衣
龍王・宿儺:浪川大輔
護(まもる):楠ひなた(式神時) / 山下大輝(人型時)
●ストーリー
妖かしと人をつなぐ女子高生神様の縁結び修行、ふたたび!
ミカゲ社の土地神としてはまだまだ未熟な女子高生・桃園奈々生。ある日、風神・乙比古が、毎年全国の神々が出雲に集まって会議を開くという「神議リ」(かむはかり)の招待状を持ってやってきた。

※アニメ第2期!
●オープニング
乙比古からの試験として式神を1週間で育てる事になった桃園奈々生。ところが初日で生まれてしまった式神が子猿の護(まもる)。一応ながら試験に合格したという事で桃園奈々生の出雲行きが決定!
●神落ち
桃園奈々生「巴衛、ネックレスが髪に引っ掛かったから取って!」

そこで出てきた式神の護にジェラシーを感じる巴衛ですが、彼女の寵愛は現時点では護の方みたいです。

さて、出雲に行くのは予算の都合上2人のみ。巴衛と瑞希が争うも、

桃園奈々生「飛行機のチケットを買ってくるから、その間に将棋で決めておいて!」

ところで桃園奈々生は出雲行きをまるで遊び感覚のようですが…。飛行機のチケットを購入しようとしたところ、明らかに怪しげな2人組に絡まれてしまいます。

護「あいつ等、神落ちだ!」

ある意味妖怪よりも悪質な存在に囲まれピンチの桃園奈々生ですが、

桃園奈々生「自分にふさわしい場所に帰りなさい!退魔結界!」

※桃園奈々生、強い!

そこで出会った若い男性にキスされそうになったりと…。彼は霧仁こと悪羅王。
神様、出雲へいく
桃園奈々生「巴衛は留守番!」
巴衛「何故!?」


彼女が不在のときに代理で巴衛が彼女に変化して学校に行ってもらうのもありますが、これは彼女なりに彼の身を案じての事。

沼皇女「なんじゃ、土地神が出雲に立つというのに見送りはわらわだけか。」

最近、「ぷりくら」というものを覚えて知人に配っている沼皇女。意外なほど現代に馴染んでいる沼皇女に安心する桃園奈々生。こうして1週間の出雲行きに出掛ける彼女。

さて、出雲についた桃園奈々生。一足先に到着していた瑞希と共に出雲大社へ向かう2人.ところが、

桃園奈々生、乗り物の蛇から落下!

桃園奈々生「ここは…。」

いつの間にか八百万の神が集まる出雲大社前にやってきたものの、護も持ち物も全て落としてしまい同倍する彼女。それでも出雲大社へ入るも…。

※ちなみに瑞希は桃園奈々生とはぐれてしまい出雲大社に入れなかったものの、遅刻してきた乙比古にくっついて何とか入場!

出雲大社に入ったもののその中で迷子になった桃園奈々生ですが、

謎の声「道に迷ったの?おいで、私が案内してあげよう。」

どこかで聞いたような声の誰かに誘われて会場入りする桃園奈々生。

謎の声「神にはそれぞれ役目がある。君には人の視点に立って出来る事があるはず。」

桃園奈々生、彼女は他の神のようには出来ないけれど、人間から土地神になった彼女しか出来ない事があるのです。

 

「神様はじめました◎」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

 

【ライター:清水サーシャ】

 

【関連記事リンク】

【アニメ】「神様はじめました◎」第1話「神様またはじめました」(ネタばれ注意)

【アニメ】「神様はじめました」第13話「ミカゲ社祭」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「神様はじめました◎」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました◎」AT-X公式Webサイト