八百長疑惑で告発受理との報道も…アギーレ監督「サッカーの話しかしない」

写真拡大

 日本代表は15日、試合会場のブリスベンスタジアムで公式練習を行い、16日のイラク戦に向けて最終調整した。練習前にはハビエル・アギーレ監督とMF遠藤保仁(G大阪)が公式会見に出席。アギーレ監督は「明日はイラクとの非常に激しい戦いが待っている。明日の勝者が確実にこのグループを突破できるだろう」と、勝てばグループリーグ突破が決まる可能性もある一戦を前に意気込みを語った。

 2011年5月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節のレバンテ対サラゴサ戦をめぐる八百長疑惑で、バレンシア裁判所がスペイン検察当局からの告発を受理したとスペインメディアが報道。告発の対象に含まれているアギーレ監督は、パレスチナ戦前日の11日に行われた記者会見で海外メディアから八百長疑惑に関して質問を受けた際、「約3週間前にすでに会見を開いたので、この場では答えない」と回答を拒否していたが、この日も同様の質問を受けた。

 最初の質問で「八百長疑惑で告発が受理されたとの報道があったが、監督のもとに正式な連絡はあったか? また、チームへの影響はあると思うか?」と聞かれると、「私は選手たちとサッカーの話しかしない」と短く回答。さらに海外メディアから「スペイン当局から何か書類、通知は来たか?」と質問が飛んだが、「サッカーの話しかしません」と、やはりコメントを避けた。

 日本サッカー協会の大仁邦彌会長はこの日、都内で行われた理事会後に「アジア杯中は代表チームの戦いを最優先にしたい」と、大会期間中はサッカーに集中させる考えを示しており、選手たちは周囲の雑音に惑わされず、目の前の試合に集中することが求められそうだ。

(取材・文 西山紘平)