現日本代表監督のハビエル・アギーレに関して、時として日本メディアは「キレキャラ」のように報じることがある。「選手に檄を飛ばし」「報道陣を一喝し」「試合中は鬼の形相で」......といった具合だ。だが、誰もが同様に感じているわけではない。 

 酒井高徳が「今日のアギーレ監督は気合いが入っていましたね?」と記者に尋ねられたときのことだ。彼はうなずきながらも、「やっぱそういう風に感じちゃうんですね」と、違和感を漏らした。

「向こう(ドイツ)にいると、ああいうのが普通なので、怒っているように感じないというか......。最初は僕も、ああいう声を出されるとびくっとしましたけど、今は特に感じない。練習でぴりっとしなければいけないと思うくらいです」

 確かにアギーレの身振り手振りは大きいし、その表情は日本人には怒っているように見えなくもない。だがドイツでのプレイが丸3年になる酒井にとって、動じるほどのことではない。

 2014年、酒井はシュツットガルトで苦しい時期を過ごした。途中加入した2011〜2012年シーズンの後半戦、チームは酒井効果もあって快進撃を続けた。おかげで翌2012〜2013年シーズンはヨーロッパリーグのプレイオフにも出場した。だが、岡崎慎司らが去った2013〜2014年シーズンは最後まで残留争いに巻き込まれ、ギリギリの15位で残留。今季も17節を終えた時点で15位と振るわない。

 さらに今季の前半戦は、監督交代と強化部長の解任も経験している。酒井自身、主に左サイドバックとしてプレイしながら、チーム事情によって右でも使われ、監督交代直後はスタメンから外れるという苦しみを経験している。そんな苦境を打開するのは日ごろの努力しかない。そんな日々が酒井にある種の図太さをもたらしているような気がした。

 1月12日のパレスチナ戦、酒井高徳は4年越しのアジアカップ出場を実現した。2011年の前回大会は、代表に招集されて現地入りしながら、体調不良で帰国を余儀なくされた。試合はテレビで観戦、優勝も遠く日本で見つめた。そして決意を固くした。

「次こそピッチで同じ思いを味わいたい」

 その第一歩を、パレスチナ戦フル出場という形で踏み出したわけだ。欧州で活躍し、ブラジルW杯のメンバーにも選ばれ、キャリアは積み重ねて来たが、このアジアカップに対して、彼には彼なりの思いがあるのだ。

 4−0で勝利を収めたものの、パレスチナはかなりの格下。試合後、ほとんどの選手が「勝利したことだけが収穫」と、内容への不満を口にした。酒井もイラク戦を前に、警戒をおこたらない。

「僕個人としては初めて出る大会で、初戦の大事さなどいろいろなことを考えてやったので、少し硬かったところがありました。試合が終わった後にみんなと話してみると、このパレスチナ戦と同じ感じでイラク戦にいったら、絶対やられてしまうという雰囲気を全員が持っていた。だから、違うものだと思ってギアを入れていかなきゃいけないと思ってますし、それは練習から始まっています。パレスチナ戦の続きということではなく、次はイラクだという感じで集中できていると思います」

 現在の酒井は、アギーレジャパンの常連選手としての自覚に満ちている。大会前にはこう話していた。

「以前は最終メンバーに残れるか残れないかのところにいた。今、(代表に)入れることをすごく嬉しく思っているし、(試合に)出れればもっと嬉しい。今回は、みなさんがおっしゃるとおり、(優勝の)チャンスはあると思っている。個人的には準備しつつ、チャンスを狙いたいです。今までのような気持ちじゃなくて、結果を残さなきゃいけないという気持ちを持ち始めています」

 代表の一員としての責任。今大会はひと皮むけた酒井高徳が見られそうだ。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko