超高層ビル「スーパートール」にまつわるいくつかの記録

写真拡大

2014年は、建設が完了した200mを超える超高層ビルが世界中で97棟に上った。そのうち60%は中国で建設されたものだ。日本でも国内で初めて、高さ300mを超える「スーパートール」と呼ばれるビルが建設された。

「超高層ビル「スーパートール」にまつわるいくつかの記録」の写真・リンク付きの記事はこちら

2014年は、建設が完了した200mを超える超高層ビルが世界中で97棟に上るという「当たり年」となった。そのうち60%は中国で建設されたものだ。

高層ビル・都市居住協議会(CTBUH)による「超高層ビル建設に関する年次報告書」によると、300mを超える「スーパートール」と呼ばれる超高層ビルは11棟が建設完了し、これにより、全世界に存在するスーパートールは85棟以上になった。ちなみに、2014年に建設された超高層ビル97棟の高さを合計すると23,333mになる。

中国の合計58棟という数は、200m以上の超高層ビルの建設完了数として7年連続でトップの座を守り、さらに2013年の36棟という数からも大きく伸びている。第2位はフィリピンの5棟で、第3位にはアラブ首長国連邦(UAE)およびカタールの4棟が続く。

米国、日本、インドネシア、カナダはそれぞれ3棟で、4位タイだ。ニューヨークに完成した541mの「ワンワールドトレードセンター」(冒頭の写真)は、2014年に建設されたなかでは最も高く、世界で3番目に高い超高層ビルとなった。

2014年には、日本とチリでそれぞれ、国内初のスーパートールが建設完了した。日本は大阪の「あべのハルカス」、チリはサンティアゴの「Gran Torre」で、高さは両方とも300mだ。

2014年にヨーロッパで建設された最も高い超高層ビルは、ロンドンの「Leadenhall Building」で、高さ224mだ(ただし、英国で2014年に建設完了した超高層ビルはこの1棟のみだった)。

2015年はこうした記録がさらに塗り替えられるようだ。CTBUHは今年、200mを超える超高層ビルが105〜130棟建設完了すると予測している(そのうち8〜15棟がスーパートールになるという)。

2015年に建設が完了すると見られる最も高い超高層ビルは、高さ632mの「上海中心」(上海タワー)で、世界で2番目に高いビルになる。

関連記事:高層ビルは、世界経済を教えてくれる

TAG

ArchitectureBuildingFuture CitySkyscraperWiredUK