株で稼ぐ!「ワケあり優良銘柄」の見つけ方
2014年の爆上げ銘柄といえばミクシィの印象が強かったが、お宝のタネはまだまだあった! 凄腕投資家の「仕込みの技術」とは?

◆親子上場廃止銘柄狙いから、「ワケあり優良銘柄」狙いに路線転換中

【タカシマ氏】
小学生の頃からファミコンソフト『松本亨の株式必勝学』をやり込んでいた筋金入り。2年前に地元の金融機関を退社し、サラリーマン投資家から専業投資家に

投資歴:’96年から18年間
手法:中長期投資
主な監視銘柄:親子上場廃止銘柄

 資産10億円のタカシマさんが保有する株式銘柄の総数はなんと600以上。「ほとんど“コレクション”です」と笑う。しかも、これらはすべて「いずれ大化けするであろう、お宝銘柄」だとか。

 そんな中でも、長年タカシマさんの投資戦略の中心にあったのが「親子上場が解消されそうな銘柄」。いずれ完全子会社化されたときに親会社株式交換によるプレミアムで儲けるという手法だ。そのメリットは「堅実性」にある。

「過去の例を見ると、親会社が健在なのにもかかわらず、子会社が潰れたのはダイナシティだけ。しかもこれは、社長が覚醒剤所持で捕まったために起こった例外的なケースですからね。それだけ安全性は高いと言えます」

 これまでも3回に1回は親子上場解消の予想を的中させてきたタカシマさん。ぜひ我々もあやかりたいところだが、残念ながらこの手法に陰りが出てきたとか。

「作年、戦略的に取れたのは日本電産リードと日本電産コパル。親会社である日本電産は、このところ毎年2社ずつ系列企業を完全子会社化していたので、くるはずと読んだんです。ただ、付いたプレミアムが低かったので、約1億円の投資で利益は1000万円ほど。あまり割のいい投資とは言えませんね(苦笑)。さらに、投資対象となる親子上場企業もそろそろ少なくなってきてしまいました」

 そんな中、今年最大の成果をもたらしたのは「アドテックプラズマテクノロジー」。上記の戦略とは関係のない銘柄である。作年1月時点での株価は1700円前後。それが7月には1万円を超え、8月には3万円を突破! タカシマさんは、作年の利益4億4000万円のうち、7割以上を同社の株売却で叩き出している。

【グラフ】はコチラ⇒http://hbol.jp/?attachment_id=18840

「平均買い付け額は1760円、平均売却額は1万300円でした。3月に業界紙に取り上げられて、4月頃から株価があれよあれよと言う間に上がり始めたんです。注目の理由は、リニアモーターカーの電池を作っている子会社を持っていたからなんですが、それまでは誰も注目していませんでしたね」

 この株を、タカシマさんは’12年春から徐々に買い進めていたという。

「地元(広島)の企業を応援したいという気持ちで銘柄を選定していた中で見つけたのがアドテックだったんです。

 PBRの低さや、イノベーションをもたらす技術開発を行っている企業である点で、長期保有すれば必ずリターンがあると見込んでいました」

 割安な優良企業を長期保有する――という投資の王道を再認識させてくれるエピソードである。

◆妄想でもいい。「上昇のシナリオ」を頭の中で描け!

 来年以降も、景気やトレンドに踊らされることなく、「時価総額が安いか、PBRが低い」という原則を押さえた上で、上昇のシナリオが頭の中で描ける銘柄をコレクションしていくだけ……というタカシマさん。

「アベノミクスで新規参入してきた人の多くは、その時々の人気投票で株を買っている印象。その中で不当に低く評価されている企業も少なくないので、そうした銘柄を拾っていきたいですね」

 中でも、三栄建築設計のケースは、一般投資家の動向を伺い知るうえで興味深い。