認知症の疑いが強い75歳以上の運転者に医師の診断義務づけ

ざっくり言うと

  • 認知症の疑いが強い75歳以上の運転者に、医師の診断が義務づけられる
  • 警察庁によると、認知症と診断されれば免許は取り消しや停止になるという
  • 認知症の疑いが低くても道路を逆走するなどすれば、臨時の検査や講習も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング