アートを通して、メンヘラが世界と繋がる 展覧会「メンヘラ展」が話題

写真拡大

精神疾患を抱える現役芸大・美大生を中心としたグループ展「メンヘラ展 Special」が、東京・阿佐ヶ谷にあるTAV GALLERYにて開かれる。

会期は2月4日(水)から2月12日(木)まで。アートを通して世界とつながることを目的に、少数精鋭の作家が参加し、より表現として洗練された作品を展示するという。

また、今回はスペシャルゲストとして、pixivで連載中のWeb漫画「リスカ変身サブカル✡メンヘラ」やキャラクター・メンヘラチャンの作者である江崎びす子さんが参加する。 

メンヘラ当事者が内面性を発露するアート展示会

 

メンヘラチャン

 
メンヘラとは、一概に定義づけるのは難しいが、主に何らかの精神疾患を抱えている人や、異常な行動を取る人に対して使われることが多いネット発祥のスラング。

今回の「メンヘラ展」は、うつ病、摂食障害、パニック障害、境界性人格障害といった精神疾患を抱える作家が参加するグループ展として注目を集めている。これまでに2度開催されており、来場者数は1500人を記録している。

主催するのは、東京芸術大学油画科に在学する、自身も物質誘発性精神病性障害を抱える作家のあおいうにさん。平面作品のアートアワード「ACT ART AWARD 2014・2015」における優秀賞や、若手アーティストによる「GEISAI#20」のポイントランキング9位など、その作品は高く評価されている。


私達の目的は、アートセラピーでも、メンヘラに安住することでもありません。 承認欲求を満たすためだけのものでもありません。アートは社会との、鑑賞者との、作品との、自分との、コミュニケーションツールの一つです。自分のメンタリティを全て曝け出さなければ、表現になりません。アートを通して、メンヘラが世界と繋がる。ネットとリアルが繋がる。メンヘラのリアルを伝える。メンヘラと意識を共有する。そんな展示にしたいと思っています

あおいうにさんのコメント



当日は、ほかにも東京芸術大学先端芸術表現科3年の池田サチさんや多摩美術大学絵画学科在学のナカバヤシアリサさん、会社員のFluynさんなど、いずれも統合失調症や鬱病、強迫性障害などを抱える作家が参加する。