7回目の出場となる宮里優作(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇15日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
 2015年2戦目となる米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が今年も南国ハワイのワイアラエCCで開催される。大会を前日に控えたこの日、宮里優作と池田勇太がプロアマ戦に出場し最終調整を行った。
松山は好調を維持し苦手大会へ!「良いプレーを今週も」
 2年連続7回目の出場となる宮里はコースについて「去年と同じく、コースはやっぱり難しいです」とコメント。特にティショットとグリーン周りを警戒する。「フェアウェイキープが大事。グリーンが小さいですから。ドライバーを使うのは前半3回、後半3回くらいになると思う」とプランを明かした。
 今週の目標は「あんまり手応えはないのでやってみないと分からない。目標をしっかりと決めずに、1ホールずつ対処していきたい」と目の前の一打に集中する構えの宮里。「去年はギリギリに入って時差ボケ状態でのラウンドだったので今年は早めに入った。だから(昨年よりは)身体は大丈夫かな」と万全を期して2015年の初戦に臨む。
 同じくプロアマ戦に出場した池田は「今年のコースはそんなに変わってない。芝目が“え、そっち?!”というところはあるけど、そこは覚えていくしかない」と語る。体調面は「“準備は完璧”ということはないけど、それなりにプレーできるようにはなっている。あとは自分の気持ち次第。しっかり毎ショット、毎プレーに集中していければ良いかな」と感触を確かめつつ回っていくという。
 宮里は現地時間8時40分にジョン・ペターソン(米国)とダニエル・バーガー(米国)と、池田はバイロン・スミス(米国)、カルロス・サインツ・ジュニア(米国)と13時10分にティオフする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】何の陰にも女あり?
【討論中!】日本男子選手がもっと世界に出ていくためにはどうしたらいい?
松山シード辞退の引き金?出場義務“5” 勇太は「見直す必要ある」
ウッズ、2015年初戦は50万人超観衆のモンスタートーナメント