2014年の自殺者数は2万5374人 17年ぶりの「低水準」

ざっくり言うと

  • 2014年の全国の自殺者は2万5374人で、5年連続の減少となった
  • 3年続けて3万人台を割り、1997年の2万4千人台以来の「低水準」となった
  • 各世代で減少し、健康問題や経済問題を動機にした自殺者が大きく減った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング