米国の動物園で、絶滅危惧種のサルが氷点下の中放置され死亡

ざっくり言うと

  • 絶滅危惧種のワタボウシタマリンというサルが死亡したことが14日、わかった
  • アメリカの動物園で、飼育員の手違いで寒空に置き去りにされたため
  • 飼育していた3匹のうち2匹が死亡し、人的ミスが原因だとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング