特別色「クランベリーレッド」の本革内装

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は2015年1月9日、新型「Bクラス」の発表を記念した特別仕様車「B 180 スポーツエディション レッド」「B 250 4MATIC スポーツエディション レッド」を、それぞれ150台、50台限定で発売する。

鮮やかなクランベリーレッドの本革シートとドアパネル

カタログラインアップモデルには設定のない鮮やかなクランベリーレッドの本革シートとドアパネルに、ブラックアッシュウッドインテリアトリムを組み合わせた。エクステリアには、スポーティーで力強い印象を高めるハイグロスブラックペイントの18インチAMGマルチスポークアルミホイールを採用した。

装備面では、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」やドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を搭載。このほか、キーを使用せずに施錠/解錠ができ、ボタンを押すだけでエンジンが始動できる「キーレスゴー」、バックレスト折りたたみ角度調整、後席シートスライド機構、2段階のラゲッジフロアボード調整で通常時の荷室容量を666リッター(VDA方式)に拡大できる「EASY-VARIO PLUS」など、利便性をよりいっそう向上させる「ベーシックパッケージプラス」も備えている。

メーカー希望小売価格は、「B 180 スポーツエディション レッド」が453万円、「B 250 4MATIC スポーツエディション レッド」が535万円。