日本代表、イラク戦に向け非公開練習…武藤「良い雰囲気でやれた」

写真拡大

 日本代表は14日、アジアカップ第2戦のイラク代表戦に向けた練習を実施。前日に開催地のブリスベン入りし、当地での初練習は冒頭15分以外非公開で行われた。

 練習には、前日に別メニューだった武藤嘉紀も合流。12日のパレスチナ代表戦で、相手選手に蹴られた右太腿にはアイシングが施されていたが、「一応、ケアのために」と回復は順調な様子だった。

 非公開部分は、戦術やクロスボールの練習に費やしたと見られ、「だいぶ良い雰囲気の中でやれました」と語る。パレスチナ代表戦は4−0で勝利したが、「最後のクロスの質は上げていかないといけない。この前の試合でもそれが課題になったと思う」と改善を誓った。

 日本代表は、イラク代表と16日に対戦。20日の第3戦ではヨルダン代表と戦う。