初戦で途中出場の豊田陽平「少ないチャンスをものにする」

写真拡大

 日本代表は14日、アジアカップ第2戦のイラク代表戦に向けた練習を実施。前日に開催地のブリスベン入りし、当地での初練習。冒頭15分以外は非公開で行われたが、前日に別メニューだった武藤嘉紀も全体練習に合流した。

 グループDで最大の強敵と目されるイラク代表戦を控え、豊田陽平は「チャンスがある前提ですけど、少ないチャンスをものにすることは自分の良さでもあると思う」とコメント。「それを代表でも出せるかどうかが大事」と口にする。

 初戦のパレスチナ代表戦では、終盤に途中出場。「全員で戦うことは非常に大事。しっかりと、全員が良い準備をしてやっていければいいかなと思っている」と、連戦での心構えを説いた。

 日本代表は、12日にパレスチナ代表に4−0で勝利。イラク代表戦は16日、第3戦のヨルダン代表戦は20日に行われる。