米国の医薬品大手が9歳の子供をマウス扱い 子供は食欲不振に

ざっくり言うと

  • 米医薬品メーカーに、インドで子どもをマウス扱いした疑いが持たれている
  • 健康だった子どもは実験で食欲不振となり、体重が減り、体力が弱くなった
  • 実験を受けた他の人もめまいやうつ、食欲不振などの副作用を訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング