1月10日の女子ジャンプW杯札幌大会初日。2本目を飛んだ高梨沙羅は、無駄のない動作で空中姿勢を完成させると、向かい風のなか98mまで飛距離を伸ばした。この結果、1本目97mで2本目もトップを守った高梨が今季初勝利。高梨は両手を空に突き上げて喜んだ。

「納得できるジャンプができているわけではないのですが、今できることをちゃんとやらなければいけないと思っていました。その中でも2本目は、現時点でのいいジャンプができたと思います」と、高梨は笑顔で語った。

 大会前は悪天候で練習ができず、この日が6日ぶりのジャンプ。そのため、1本目の飛距離は出たが、踏み切りからの動きが少し鈍かった。それを高梨は2本 目で改善してきた。父・寛也さんも「久しぶりに飛んでまだ感覚がつかめていなかったが、2本目は修正して無駄のない踏み切りをしていた」と評価する。

 翌11日は、風の条件が悪かった1本目で87mの7位という予想外の結果になったが、2本目は最長不倒の97m。逆転優勝でW杯連勝を果たした。

 それでも高梨は、「冬シーズンに入ってから、何となくしっくりこない」と言う。

「今はまだ勝てるレベルに達していないと思うから、やらなければいけないことが本当にたくさんある。もっと前進していかなければという焦りもあった。あれもこれもやらなくちゃいけないというのが頭の中にあって、切羽詰まっています」と課題を口にする。

 高梨は昨年2月のソチ五輪後、4月から飛び級で日体大へ入学して本拠地を東京に移した。

「大学では違う競技の人たちと話したり、トレーナーや教師などを目指している人たちとも接して、自分の世界観が広がったと思います。そういう刺激を受けて 競技に臨めているのはよかったと思うし、同じクラスはみんな年上のお姉さんやお兄さんで、すごく優しくしてもらっています」

 そう語る高梨は、明るい表情を見せた。

 拠点を東京へ移したことについて、父・寛也さんは「(日体大は)トレーニングに関して他の大学には真似できない施設があるし、専門の教授もいるので、そういう人たちの話を参考にしながらトレーニングできる。本人にとってよかったと思う」とプラス面の多さを指摘する。

 また、練習環境の悪化が懸念されたが、その点も問題はないという。「夏場はかえって北海道よりいいくらいです。長野へも2時間ほどで行けるし、小さいジャンプ台が石打や妙高にある。秋田へ行くのも新幹線で2時間半ですから。それに夏は1カ月単位でスロベニアやオーストリアへ行くから、これまでとほとんど変わりません」(寛也さん)

 そうしたソチ五輪後の環境の変化が、高梨にいい影響を与えているようだ。

「五輪に出させてもらってすごくいい経験ができたし、自分のベストを尽くしきれなかったという悔しい気持ちが残りました。ソチでの経験を、どう表現できるかが今シーズンの重要な課題だと思います。今回の札幌W杯は、悪天候で風待ちがあったりして、長い時間がかかった試合でしたけど、集中力を保っていられたのは大きな収穫だったと思います」

 また、「これまでは、失敗した気持ちを引きずってしまっていいジャンプができない試合があったけれど、今は何が起きてもいい方に解釈しようと意識するようになっている」と話すとおり、メンタル面も成長している。

 高梨は昨年夏から瞬発系のトレーニングに取り組んでおり、踏み切り動作のスピードアップにつながっている。11日の2本目のジャンプ後、「空中を進んでいるスピードが、(1本目より)すごく速いと感じました」と言ったように、その成果は着実に表れてきているようだ。

 さらに、昨年の夏場のヨーロッパ合宿で、助走路の曲線が大きいジャンプ台で積極的に飛んできた。苦手意識を持っているこのジャンプ台を、ソチ五輪で攻略しきれなかったからだ。どんなジャンプ台にも対応できるジャンパーになりたい――。そんな意識が彼女のなかで高まっている。

 高梨の今季の目標は、W杯総合3連覇と世界選手権初制覇、そして世界ジュニア4連覇だ。だが、W杯第8戦と世界ジュニアの団体戦が同日開催になり、日本スキー連盟から「世界ジュニアは個人戦のみの出場は許可できない」と言われたため、W杯を優先することにした。

「両方出たかったので、そのつもりで準備をしていました。すごく迷いましたけど、W杯の方を頑張りたいと思い、自分で決めました。世界ジュニアに出なければ練習時間がとれるので、今の状態ではその方がいいと判断しました」(高梨)

「ソチ五輪を経験してますます貪欲になっていますね」。そう問いかけると「そうですね!」と高梨は笑顔で即答した。今の飽くなき向上心こそが、彼女の強さの原動力になっている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi