"ミスターバスケットボール"佐古賢一が、オールジャパン(※)の舞台に戻ってきた。
※第90回天皇杯・第81回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会。男子36チーム、女子32チームがトーナメント戦を行なう。

 現役時代のユニフォームからスーツ姿へと服装は変わったが、ヘッドコーチ(以下HC)として"広島ドラゴンフライズ"を率いて大方の下馬評を覆(くつがえ)し、堂々の決勝進出を果たしたのだ。

「広島に、バスケでつながる風景を」というスローガンのもと、今季からNBL参入を果たした広島は、平均25.9歳という若手主体のチーム。日本代表の主力である竹内公輔以外はトップリーグでプレイしたキャリアがない選手がほとんどで、佐古HCが一からチームを作り上げてきた。

 「泥臭く、粘り強く、食らいつく──」

 佐古HCがいつも選手たちに言い続けている言葉である。チーム練習の時は全体の流れを大切にし、試合中に起こりうるミスを想定して細かく指導を行なう。選手それぞれに対するアドバイスは個人練習の時にしているが、「経験のない選手が試合で特別なことをしようと思う時は必ずミスをする。普段、練習でやっているプレイをしっかりとコートで表現させることを心掛けている」と明かす。

 若手選手たちも、その言葉の意味を理解しつつある。準決勝のトヨタ自動車アルバルク東京戦ではチームディフェンスからリズムをつかみ、思い切りの良いシュートを次々にリングへ沈めて2点差(80−78)で勝利を掴んだ。

「いつも選手に伝えていることは、シュートが入らないことを前提にプレイを作っていけということ。シュートが入る、入らないは関係なく、バスケットは展開のスポーツ。打つべき人間がしっかりシュートを打たなくては、なかなかゲームの展開をつかむことができない。僕たちが目指しているのは、試合に出場した選手がみんな8〜10点獲れるバスケット。与えられた個々の仕事に責任を持ち、しっかりとシュートを打ちきれるようなチーム作りをしているつもりです。誰かひとりに頼るようなバスケットは、絶対にさせないようにしていますから」

 だが、決勝の日立サンロッカーズ東京戦では若さが出てしまった。前半から選手の硬さが目立ち、インサイドを日立に完全に支配されて15点のリードを許してしまう。

「ファイナルを意識して慎重になりすぎましたね。思うようにオフェンスが機能せず、タフショットが多くなってしまった。勝負どころで日立に走られて、点数を獲られてしまったのが勝負のポイントだったと思います」

 後半開始直後は自分たちのバスケットを展開し、8点差まで追い上げた時間帯もあったが、最後は15点差で敗戦(66−81)。佐古HCのオールジャパン初年度は2位に終わった。

「大会を通じて、集中力を持ってゲームプランを遂行していくなかで、自分の良さを出すというプロとしての戦い方がだいぶ身についていると感じました。ベンチから見ていてビジョンもしっかり持てているように見えましたし、ルーキー4人(※1)も自分のプレイをしてくれたと思います。ただ、一発勝負のオールジャパンと違い、リーグ戦ではチーム力が完全に物を言いますので、残りの試合(※2)でバスケットの難しさ、怖さを学びつつも、もっと貪欲にチャレンジしていってほしいですね」
※1 柳川龍之介(G/F)、坂田央(F)、北川弘(G)、田中成也(SG)
※2 1月21日の14節から再開して、5月3日の32節までレギュラーシーズンを戦う。

 ベンチからチームを指揮している佐古HCに対し、コートの上で大黒柱として若い選手を引っ張っているのが竹内である。アイシンシーホース三河、トヨタでチャンピオンを経験し、日本代表のインサイドの要としても活躍している竹内だが、広島への移籍は自身にとっても大きなチャレンジであった。

 これまで竹内は自分からリーダーシップを発揮するタイプではなく、どちらかというとプレイでチームを引っ張る選手であった。しかし、若手が多い広島では自然とチームリーダーとしての役割が求められる。

「最初は若手に対してあまり注文しないで、自由にやらせたほうがいいのかなと思っていたんです。最近の若い子たちはあまり強くものを言うと、萎縮してしまうのではないかと。でも、やはり強く言わないと分からないこともある。時に厳しい言葉になってしまうこともありますけど、今は言うべきことはしっかり言うように心掛けています。僕のプレイを後輩たちが見て、一緒にステップアップしてくれたらうれしいですね」

 決勝では若手選手が硬くなっている姿を見て、「自分が引っ張らないといけないと思ったのですが、それが空回りしてしまった」と振り返る。対戦相手の双子の弟の竹内譲次(日立)にもプレイを読まれてしまい、自らの得点は8点に抑えられてしまったが、両チーム最多の13リバウンドを奪い、ゴール下で奮闘した。「付け入る隙がないくらい、良いバスケットをしていた」という日立には負けたものの、チームの成長を大きく感じられた大会でもあった。

「決勝で負けましたけど、このチームはどんどん強くなれると確信しました。自分たちがヘッドコーチにこういうプレイを求められているということがだいぶ分かってきたと思います。後半戦はイースタンカンファレンスのチームと戦うことが多くなるので厳しい戦いが続きますが、まずはプレイオフに出場することが目標ですね(※)。いきなり優勝を狙うなんて、そんなに甘いものではないことも分かっていますけど、後半戦もこの勢いを持続してどんどん成長していきたいです」(竹内)
※イースタン7チーム、ウェスタン6チームのそれぞれ、レギュラーシーズン上位3チームがプレイオフへ進出する。

 決勝で敗戦したことはもちろん悔しい。だが、それ以上にこの大会を通じて得た収穫の大きさが、竹内を筆頭に試合後の選手たちの清々しい表情から読み取ることができた。

 大舞台を経験し、ステップアップを果たした佐古HC率いる広島が、リーグ後半戦でどのような戦いを見せてくれるのか、非常に楽しみだ。

横谷和明●取材・文 Yokoya Kazuaki