写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイボイスコムはこのほど、全国の男女を対象に実施した「おひとりさま」に関するインターネット調査の結果を明らかにした。調査期間は2014年12月1日〜5日で、有効回答者数は1万2,016名だった。

まず、飲食店やレジャー施設をひとりで利用することについて、どの程度抵抗感があるか尋ねた。すると「抵抗感がある」(16.0%)、「場所などによっては抵抗感がある」(50.0%)の回答をあわせると66.0%となり、7割弱が一人利用に抵抗感があると答えている。しかし年代別で見ると、10代は他の年代に比べ少ない傾向にある。

ひとりで行くことに抵抗がある場所で最も多いのは、「遊園地・テーマパーク」(56.4%)で、以下「ボウリング」「焼肉店」(各5割弱)、「フレンチ専門店」「居酒屋」「バイキング形式のレストラン」「カラオケ」(各4割弱)が続く。

ひとりで行くことに抵抗を感じる理由は、「ひとりだと利用しづらい雰囲気」「他の人と利用した方が楽しい」が多くを占めた。「ひとりで利用するのが不安」は、女性が男性を大きく上回っている。若年層では「ひとりで利用しているところを他人に見られたくない」「周りの人から友人がいないと思われる」という回答が他の年代よりも多かった。

ひとりで利用してみたい場所について尋ねたところ、「チェーンのカフェ・喫茶店・コーヒーショップ」「チェーンではないカフェ・喫茶店・コーヒーショップ」「映画館」などの回答が多かった。女性若年層では「カラオケ」が多く、10・20代では3割が回答している。20・30代では「インターネットカフェ」の回答も多かった。

(フォルサ)