STAP細胞の不正影響 理化学研究所への「運営費交付金」16億円減る

ざっくり言うと

  • 2015年度予算案で、理化学研究所への運営費交付金が削減された
  • 運営費交付金は、14年度比16億円減の515億円となった
  • 財務省は「STAP細胞の論文不正問題で、組織を縮減したため」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング