Hersheyが共同開発したチョコレート専用3Dプリンター(動画あり)

写真拡大

Hershey社と3D Systems社が提携して、チョコレート専用の3Dプリンター「CocoJet」を開発した。3Dスキャナーを使用して、自分の顔や「ペットの猫」型のチョコをつくるのも簡単だ。

「Hersheyが共同開発したチョコレート専用3Dプリンター(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

米チョコレート大手 Hershey 社と、3D Systems 社による共同の取り組みによって、チョコレート専用の 3D プリンターが開発された。

ホワイト、ミルク、ダークチョコレートで 3D プリントする「CocoJet」は、カスタムデザインに対応でき、複雑な構造のオブジェクトも 3D 印刷できる。3D スキャナーを使用すれば、自分の顔のチョコレート・レプリカも作製できる。ほかにも愛犬でも愛車でも、チョコレートにできてしまうのだ。

プリントするには、まずチョコレートを溶かして溶液と混ぜる。そして、プリント中は、温度制御された槽の中で、最適な堅さに保たれる。

3D プリントを可能にする溶液が何であるかは秘密にされているが、英国人であるわたしとしては、このプリンターが「Hershey’s」だけでなく、キャドバリーGalaxy 社のチョコでも機能するかは気になるところだ。

cocojet-2

現在のところ CocoJet は実用試作機だが、3D Systems 社は年内にもこのプリンターを、プロの菓子職人などに向けて発売したいと考えている。

プリンターのサイズは比較的コンパクトだが、できあがる 3D プリント・チョコレートと比べると巨大に思える(電子レンジの2倍くらいのサイズだ)。

CocoJet は「最も洗練された3Dチョコレートプリンター」だとはいえ、ひと口サイズのカスタム・チョコレートを1時間あたり4〜5個しかプリントできないし、一度に使用できるチョコも1種類だけだ。将来的には、もっと高速なプリントや、例えば複数の槽とノズルを使用したツートーン・デザインのチョコレートも作製できるよう期待したい。

TAG

3D PrintingChocolateFoodVideoWiredUK