メガネの上から装着するソニーのウェアラブル「SmartEyeglass Attach!」

写真拡大

ソニーは「CES 2015」で、手持ちの眼鏡やゴーグルの上から装着するウェアラブルデヴァイス「SmartEyeglass Attach!」を発表した。

「メガネの上から装着するソニーのウェアラブル「SmartEyeglass Attach!」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ソニーは CES 2015 で、手持ちのメガネやゴーグルの上から装着するウェアラブル・デヴァイス「SmartEyeglass Attach!」を発表した

関連記事:ソニー、普通のメガネをスマートグラスに変えるモジュールを発表

ちょっとぎこちない名称だが、デヴァイス自体はクールだ。通常のメガネに装着するタイプで、プロセッサー、センサー類、Bluetooth、Wi-Fiを詰め込んだモジュールがメガネのアーム部分に付いていて、OLEDの超小型ディスプレイがちょうど目の上あたりに来る。

『WIRED』UK版は CES のデモで、一連のスポーツ関連アクティヴィティーを体験した。ランニングのルートやサイクリングの速度、方向を示す地図、そのほかにもゴルフやテニスに関連した各種データが、640×400の小さいスクリーン上に映し出された。

attach

装着した感想としては、スクリーン自体は、真っ直ぐ前を見つめるときでもほとんど邪魔にはならない――むしろ、スクリーンを見ようと意識的に努力しなければならないほどだ。

それはつまり、必要のないときはスクリーンに気をとられることがないということを意味している。逆に言うと、サイクリングやランニングの途中でスクリーンに表示された情報を見たくなったときには、自分が向かおうとする方向から完全に目をそらさなければいけないということにもなる。

Google Glass と違って、このモジュールを常時装着している必要はなく、使いたいときだけでいい。これにより、Google Glass で懸念されている、継続使用による依存症(日本語版記事)という大きな問題のひとつを解決している。

ソニーは現在、SmartEyeglass Attach! 用のソフトウェア開発キットを準備中なので、開発者はこのデヴァイスの使用方法をさらに探求できるだろう。

SmartEyeglass Attach! の量産は2015年内を予定している。そして、量産が始まるころには、スマートグラスが市場に与える本当のインパクトがどういうものか、よりよく理解できるようになっているかもしれない。

イノヴェイションをもたらす場所として、手首の次に顔面に人気が集まっているようであり、ソニーやグーグルといった企業が市場での勝者となるべく、熾烈な競争を繰り広げている。

画像ギャラリーで見る、CES 2015

その1:最新ウェアラブルから電気ローラースケートまでその2:トレンドがわかるガジェット11選その3:スマホ操作の鳥ドローン、Siriで開くドア鍵などその4:クールなウェアラブルデヴァイスなどベスト・オブ・CES 2015:厳選11アイテム

TAG

CESSmartEyeglassSonyWearable DeviceWiredUK