シャルリー・エブドの銃撃事件 風刺漫画家のレナルド・ルジエ氏が会見

ざっくり言うと

  • 仏パリの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社が襲撃された事件
  • 難を免れた同紙の風刺漫画家レナルド・ルジエが13日、記者会見をした
  • 最新号に掲載される予定の風刺画を描き、「涙を流した」という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング