アンジェリーナ・ジョリーがクリス・マーティンを誘拐?

写真拡大

 クリス・マーティンがアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットに誘拐されたと冗談を飛ばした。

ナイフで脅されたとジョークを飛ばした

 コールドプレイのフロントマンを務めるクリスは、夫妻からアンジェリーナがメガホンを取った新作映画『アンブロークン』のために楽曲『ミラクルズ』を書いてレコーディングするようにナイフで脅されたとジョークを飛ばした。

『ミラクルズ』が誕生した経緯について質問を受けたクリスは「『この未公表の場所で会うこと。あなたは目隠しをされ、元ネイビーシールズ(アメリカ海軍特殊部隊)の7人がお迎えにあがる』って書かれたメッセージを受け取ったんだ。だから、2人は俺のことを誘拐し、頭を殴り、催涙ガスを吹き付けたんだ。意識を取り戻したときには、どこかのオフィスにいて、ブラッド・ピットが腕立て伏せをし、アンジェリーナ・ジョリーは冠をかぶってただそこに座っていたんだよ」

「それに、俺の喉にナイフを当てている男もいたね。アンジェリーナが『曲を私のために書きなさい』って言って、ブラッド・ピットが『そうするんだ』って言ったんだ」「みんなで曲を書いた後、アンジェリーナが『準々決勝までいったわね』って言って、それから彼女の自宅でライブの試合を行ったのさ。俺らは2位になって、でも、1位の男がおじけづいて逃げたのさ」と答えた。

 さらに、この作り話を話した後に、クリスは同曲を映画に向けた曲の制作依頼を受けて光栄に思うとヴァルチャー誌に認めた。「何かを作るとき、少しの制限があることがとても助かるんだ...『ここに映画と本がある。それについて何か作って』って誰かから言われることもそういうことなんだ。これらの制限があるのはとてもよいね。そうでなかったら、どうやって始めればいんだい?」

Written&Photo by bangshowbiz