水卜アナが好きなガッツリ系定食

写真拡大

 2014年の世帯視聴率で3年ぶりに年間視聴率三冠王を獲得した日本テレビだが、2015年も第1週でさっそく三冠王を獲得し引き続き好調だ。水卜麻美アナウンサーも楽しみにしているといわれる視聴率三冠王を祝う恒例の社員食堂無料デーがさっそく実施され、1月13日からは「日テレタワーランチフェスティバル」、社員食堂だけでなくランチに限り日テレタワー内の飲食店舗でも利用できる500円券が配布される特別企画が行われている。

 いつもと異なるメニューが楽しめてさぞかし好評なのかと思えば「無料デーの日にちを多くしてもらったほうが嬉しいんですけどねえ」と制作会社所属の20代男性ADはこぼす。彼は食堂無料デーになると、夕食時とあわせて計2食は利用するというヘビーユーザーだ。

「日テレのビルに入っている飲食店で500円までの昼ご飯を食べようと思ったら、まともな分量の昼ご飯は無理。ご飯を大盛りにできてデザートも食べられる、社員食堂のA定食並みのボリュームが欲しいんですよ」

 汐留の社員食堂無料デーに提供されるメニューは、AからDの4種類。AとBはいずれも定食形式で、Aは揚げ物やハンバーグなど肉類、Bは野菜炒めや冷しゃぶなどAより少し軽めの主菜がつき、ご飯は大盛りと小盛りから選べる。Cは海鮮丼やカレーなど一皿料理で、Dはうどんかそば、ラーメンなどのめん類であることが多い。ちなみに、水卜アナが好きなのは一食で1000キロカロリー弱あるガッツリ系のA定食だ。

 ランチフェスティバルの間も社員食堂ではこれまでと同様に4種の無料メニューが提供されるので、前出の男性ADのように考え、500円券による他の飲食店利用は見込めないのではないか。ところが、意外に飲食店の利用者が増えているという。

「日テレタワーには地下2階から2階に8店舗の飲食店があり、こちらは日本テレビの入構証がなくても利用できます。500円券はこの8店で利用できるのですが、前回、同様の企画をしたときには予想を上回る利用数だったそうです。週間視聴率三冠王をとるたびに食堂無料が実施されてきたので、去年のように33回もあるとメニューがマンネリ化して飽きてくる。違う味を求める人が少なくないのかも」(制作局・30代女性)

 好調な会社は働く人たちの食の好みにも配慮する余裕があるのかと感心するようなサービスぶりだが、実際には別の思惑もあるという。

「500円券で利用できる飲食店は日テレタワーの店子、つまり日本テレビという会社にとって家賃を払ってくれるお客さんでもあります。これら飲食店にとってランチ客の確保は重要ですが、汐留でも奥のほうにあるので苦戦している店が少なくない。今回のランチフェスティバルは福利厚生の一環ですが、家賃収入を安定させるための店子救済策の側面もありますね」(報道局・40代男性)

 日本テレビで働く人、会社、テナントの三方一両得。もちろん、食べるのが大好きな水卜アナにとっても朗報だろう。