買収の「なだ万」が抱える憂うつ 既存客を失う可能性を指摘

ざっくり言うと

  • 日本を代表する高級料亭「なだ万」が、アサヒビールの傘下に入った
  • ここ数年の弁当販売などの多角化が、ブランド価値低下の元凶だとの見方も
  • だれでも食べれる様になれば、高いお金を払う既存客を失う可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング