エキサイト株式会社は、同社が運営する婚活サービス「エキサイト恋愛結婚」において、恋人が自分以外の異性と2人きりで会うことへの意識調査を実施した。調査の結果、「ものすごく抵抗がある」と答えた人の数をみると、男性のほうが女性の1.5倍多いことがわかった。また男女共に約半数が理由によってはOKと回答。自分に黙って会うのは、男女共に嫌な傾向が見られた。

恋人が異性と二人きりで会うこと

  また、5人に1人の割合で、報告してくれるならOKと回答。男女共に5%程度が自分以外の異性と2人きりであっても気にならないとしている。女性より男性のほうが、恋人が異性と二人きりで会うことに抵抗があるようだ。

  回答者のコメント例は以下の通りとなっている。

・[ものすごく抵抗]ヤキモチ焼きなので…( 33才 男性)
・[理由によってはOK]そういう時もあるし、大人なら相手を信じても良いのでは?( 41才 男性)
・すべてを疑ってかかる関係は疲れる(30才 女性)
・[自分に黙って会うのはOK] 特に報告は必要ないとは思いますが、二人であったとしても恋愛がすべてではないですし。(41才 女性)
・[報告してくれるならOK] 黙って会われるよりは、こっちの方が断然いいです。私も、2人きりで会うなら、絶対報告しますし…。(31才 女性)
・[気にならない]信頼しているから平気さ。 (34才 男性)
・[その他] 酒が入るなら心配 (34才 男性)

 また、4年前に行なった同様の調査と比べてみると、男性の回答が「理由によってOK」より「ものすごく抵抗がある」に動いていることがわかった。全体的に大きな変化はなく、理由によってはOKという寛容な回答が男女共にトップとなっている。ただ、4年前も今も、男性の方が恋人の異性との会合に抵抗があることがわかった。

<調査概要>
■期間:2014年8月16日〜8月29日
■回答人数:男性190名 / 女性168名