写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクト『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐』と警察庁による7度目のコラボレーションとして、「テロ対策」を喚起するポスターが全国で掲出されることが決定した。

これまでに「警察官採用キャンペーン」「自転車マナーアップキャンペーン」「シートベルト全席着用キャンペーン」「高速道路事故防止運動通行帯遵守」「歩行者反射素材着用警報発令」「エコドライブ作戦推進」と6度にわたって警視庁とコラボし、毎回衝撃的なビジュアルで注目を集めてきたが、今回は「この街をテロから守れ」というコピーのもとに「テロ対策」を呼びかける内容のポスターとなっている。

本ポスターの背景には、5月1日より公開される長編映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』に登場する武装ヘリ「グレイゴースト」が怪しげに飛び、それを警棒で威嚇するイングラムと横一列にずらりと並んだ機動隊が鉄壁の守りを固めている。現在公開中の『第7章』、そして『首都決戦』で描かれるテロの脅威は決して絵空事ではなく、今の日本で起こりうるテロと警察の対峙をリアル志向で描いたポスターとなっている。ポスターは1月13日より、全国の都道府県で順次掲出される。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー』は、これまでTVアニメ、OVA、コミック、小説、劇場版など幅広い展開を続けてきた『機動警察パトレイバー』シリーズ初の実写作品。初期 OVAや劇場版1・2を手がけた押井総監督が新たな世代の"特車二課"の物語を全7章と長編劇場版を完全新作で制作している。現在、エピソード12「大いなる遺産」と「シリーズ総集編」で構成された『第7章』が公開中。5月1日からは、長編映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』が公開される。

(C)2014 HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」製作委員会