ラグビーのトップリーグ(TL)は第2ステージを終え、上位4チームがプレーオフトーナメントに進出した。リーグ戦1位の神戸製鋼が、8季ぶりにプレーオフ進出を決めたヤマハ発動機と、同2位となった前回覇者のパナソニックは、9季連続プレーオフ進出の東芝とそれぞれ対戦する。今季は4チームの戦力が拮抗しているだけに、自分たちの強みをきっちりと発揮したチームが覇権を手にすることになる。


▽神鋼―ヤマハ(24日・花園)

 神鋼が、勝ちパターンを確立している。キックでエリアを稼ぎ、208cmのロック、アンドリース・ベッカーを中心としたラインアウトからトライを奪いにいく。11日のキャノン戦(秩父宮)でも5トライ中3本をラインアウトからの攻撃で奪い、47−8でキャノンに圧勝した。

「ラグビーに対する姿勢、意識が一段上がった」と神鋼のフランカー橋本大輝主将は言う。「80分間、勝つために誰も妥協しなくなった。きつい場面できついプレーを選択できる。自分たちのスタンダードを出せば、必ず優勝できると思います」

 今季はギャリー・ゴールド新ヘッドコーチ(HC)のもと、「attitude(姿勢、態度)」を高めてきた。とくに成長の跡が見えるのはディフェンスだ。パナソニックに屈辱の大逆転負け(12月13日、27−29)をした後、各自の防御意識が高まった。各自が前に出て倒すタックルを徹底し、ディフェンスラインも崩れなくなった。しぶとくなった。

 例えば、キャノン戦の苦しんだ後半序盤。ゴール前、スタンドオフ山中亮平がよく戻って相手スクラムハーフ福居武にタックルし、窮地をしのいだ。その後、再三のゴール前でのピンチも粘り切った。橋本主将は言葉を足す。「今シーズン、やってきたディフェンスが大きく崩れることなく、試合を終えることができたのは収穫」と。

 攻めては、新人ウイング山下楽平が2トライを挙げ、計11トライで今季のトライ王に輝いた。スピード、判断力、瞬発力がある。その山下は「一瞬のスピードに自信がある。はやく反応して、ボールをもらって、相手を置き去りにできたら、一番簡単にトライをとることができる」と胸を張る。

 対するヤマハはリーグ最終戦でパナソニックに完勝し、上昇気流に乗っている。とくに大ケガから復帰したSH矢富勇毅とスタンドオフ大田尾竜彦のハーフ段の動きとゲームメイクがいい。ヤマハの強みはなんと言ってもスクラム。清宮克幸監督も「明らかにワンシテップ上がった感じ」と自信をのぞかせる。

 神鋼にとっては、このスクラムを安定させることが勝利の条件となる。第2ステージの対戦では、神鋼が40−10で大勝した。が、その時と相手のチーム状態は違う。

 神鋼のスタンドオフ山中は警戒する。「ヤマハはスクラムが強いですし、展開力もある。(好キッカーの)五郎丸(歩)さんもいるので、反則はせずに、しっかりディフェンスからプレッシャーをかけていきたい」と。

 ポイントは、キックとエリア(陣地)マネジメント、セットプレー(スクラム、ラインアウト)である。


▽パナソニックー東芝(25日・秩父宮)

 東芝は11日、NTTコミュニケーションズに31−14で快勝し、3位で9季連続のプレーオフ進出を決めた。

 東芝の冨岡鉄平HCは言う。「我々のスタンダード(基準)が一度も落ちることなく、高い位置にい続けられている。でもここが最低ライン。勝負はここからなんです」と。

 東芝の武器はスクラムである。NTT戦では、前半の中盤、スクラムを押し込んで2本の認定トライをもぎとって、勝敗の流れをつかんだ。接点では、とくにロックの梶川喬介、ナンバー8のリーチ マイケルがいい。

 だが、試合内容はそれほどよくはなかった。とくにバックスは、FWの勢いを生かせない。ディフェンスでもばらけていた。

 冨岡HCは「このままだとチャンピオンシップは獲れない」と危機感をにじませる。

「みんな、各自の責任を果たせていない。勝手なプレーだったり、東芝らしくない判断だったり、ミスをしたり......。マインドセットして、選手が責任を持った状態でピッチに出られるように準備していきたい」

 東芝らしさの欠如は、ロックの大野均ら、ケガ人の多さも関係している。だが準決勝には大野は復帰の見通し。同HCは「もう(試合に)行くでしょ。お酒断ってますので。ツヤのある、いい顔をしていますよ」と周囲の笑いを誘った。

 大野が戻れば、さらにFWに厳しさ、勢いが出る。カギは結束か。副将のリーチが言う。「FW、バックスで、もっとスマートに戦わないといけない」

 かたやパナソニックは、やはり昨年の実績を考えても、底力では一番だろう。フッカーの堀江翔太主将、スクラムハーフ田中史朗、スタンドオフ、ベリック・バーンズら、好選手がずらりと並ぶ。攻守のバランスがよく、ディフェンスのターンオーバー(相手ボール奪取)からの切り返しは鋭い。スイッチが入った時の爆発力は相変わらずである。

 ただ、今季のリーグ戦の対戦では、東芝が39−26(8月)、33−13(12月)でパナソニックに連勝している。ポイントは、こちらの準決勝もスクラムとエリアマネジメント、さらにはブレイクダウン(接点でのボール争奪戦)となる。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu