写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドワンゴとスタジオカラーが日本アニメーションの可能性を探るプロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」の第9弾作品で、1993年に円谷プロダクション制作で放送された特撮TVドラマ『電光超人グリッドマン』がアニメ化されることが明らかになった。

『電光超人グリッドマン』は、円谷プロダクション創立30周年記念作品として1993年〜1994年にTBS系にて放送された特撮TVドラマ。当時の玩具メーカータカラ(現タカラトミー)とともに制作され、円谷プロにとっては『ウルトラマン80』以来12年ぶりの特撮TVドラマで根強いファンも多い。物語の舞台は、コンピュータ内の世界で、当時はまだ普及していなかったインターネット、さらにはコンピュータウイルスなどの登場を先取りした設定があり、「強化合体」「電脳世界(コンピュータ・ワールド)」といった、当時のヒーロー作品とは一線を画した要素が盛り込まれた。今回この『電光超人グリッドマン』が、22年の時を経てアニメ化される。

『電光超人グリッドマン boys invent great hero』の物語は、「22年前…コンピューターワールドの魔王と手を組み、世界を征服しようとした少年、藤堂武史。かつての闘いで改心した彼は、あのハイパーエージェントの力を必要としていた。今再び、現実世界に魔王が現れようとしている。」とあり、当時の特撮TVドラマ『電光超人グリッドマン』とも何らかの接点があることが示唆されている。現在「日本アニメ(ーター)見本市」では、予告編と「グリッドマン」のビジュアルも公開中。2015年1月16日に本編の配信が予定されている。

アニメーションの制作はTRIGGERが担当し、監督はTVアニメ『キルラキル』で副監督を務めた雨宮哲氏、キャラクターデザインは『天元突破グレンラガン』や『ブラック★ロックシューター』の作画監督で知られる芳垣祐介氏が務める。また、1月19日22:00〜23:00には両氏を迎えて、作品に込めた思いなどを語る『「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第9回』が動画サービス「ニコニコ生放送」で生中継される。

(C)円谷プロ(C)nihon animator mihonichi LLP.