カメラやディスプレイの延長、ではないスマートグラス「JINS MEME」

写真拡大

日本のメガネブランド「JINS」が、目の動きと頭の動きを測定できるアイウェア「JINS MEME(ミーム)」を発表した。歩数計算や体軸のチェック等のほか、目の疲労や集中度を検知して、居眠り運転防止等に役立つという。動画も紹介。

「カメラやディスプレイの延長、ではないスマートグラス「JINS MEME」」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本のメガネメーカー、ジェイアイエヌ(JIN)は CES 2015 で、ユニークなスマートメガネ「JINS MEME(ミーム)」を発表した。

JINS MEME は、レイバンの「Wayfarer(ウェイファーラー)」に少し似たデザインで、度付きレンズは無しでもありでも利用できる。フレームの3カ所(基部、鼻パッド、鼻の上の部分)にある電極が、瞬きや8方向の目の動きを検知する。収集されたデータは、Bluetooth で着用者のスマートフォンに送信され、自動的に分析される。

例えば、運転中であれば、目の疲れや居眠り運転の危険性の有無を検知できる。危険性があれば、着用者のスマートフォンのアラームを鳴らして、車を停止すべきであることを知らせる。また、1日を通して着用者の集中度を感知し、どの程度注意力を保っているかを追跡する。職場での効率を最大限に高めるのに役立つという。

JINS MEME は、フレームに内蔵された加速度センサーとジャイロセンサーにより、目の動きだけでなく、体の動きも分析できる。歩数計算や体軸のチェック、上下動や横移動の測定、姿勢角の捕捉などの追跡機能がある。

CES のブースでは、考えられるふたつの用途のデモが行われた。『WIRED』UK版は、体験デモのひとつに参加し、目だけを使って電子アート作品づくりに取り組んだ。また、JINS MEME を使用したプラットフォーム・ゲームの体験デモも行われた。ゲームキャラに障害物を飛び越えさせるために、デモ体験者自身が実際にその場でジャンプしていた。

jins-3

JINS MEME は、オープンプラットフォームをベースに開発されてきた。サードパーティのアプリ開発者が、このハードウェアを利用したさまざまなサーヴィスを追加できる。

JINS MEME はまだ発売されていないが、ジェイアイエヌは、製品と専用アプリを売り込むために十分な製品ラインナップを用意している。同社はすでに、開発者向けコンテスト「JINS MEME DEVELOPER IDEA PITCH CONTEST」を発表したほか、オムロン・ヘルスケアと提携している。オムロン・ヘルスケアとは、2016年の商品化を目指して、JINS MEME と接続する小型機器を共同開発するという。

JINS MEME は、各大学研究者との共同技術も行っている(以下の動画)。

TAG

CESEyewareJinsVideoWearable DeviceWiredUK