開幕したアジアカップ、初戦となったパレスチナとの試合で、日本代表は4−0と快勝した。(※得点者:遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑、吉田麻也)

 実力的に考えれば、出場全16カ国のなかでFIFAランキング54位の日本と113位のパレスチナ(ともに1月8日時点)の対戦なのだから、結果は極めて妥当なものだ。4−0というスコアまでもが妥当かどうかはともかく、勝負という点で言えば両者の力の差は明らかだった。

 とはいえ、内容的にはとても褒められたものではなかった。実際、49分にCKから吉田麻也がヘディングで決めた4点目を最後に日本のゴールは打ち止め。後半ロスタイムを含め、残りの40分以上を雑な試合内容で費やした。

 パスがリズムよく回らなくなり、イージーミスばかりが目立つ。連係がかみ合わない日本は、狙ったような攻撃の形にまったくと言っていいほど持ち込めなくなった。その結果、試合は不用意な打ち合いになり、どちらのチームも間延びした状態となって、ボールばかりが激しく左右を行き来する締まりのない展開に陥った。

 日本の得点が4ゴールで打ち止めになったことは構わない。今後の日程を考えれば、すでに勝負が決した以上、体力を温存しながらゲームを終わらせにかかることは決して悪いことではないからだ。

 ただし、それが意図的なものであるならば、だ。

 実際には、4点をリードした日本はむやみに攻撃に出てはボールを失い、危険なカウンターを受ける始末。82分には自陣の深い位置でFKを与え、あわや失点かというヘディングシュートも許している。

 日本は試合終了直前、立て続けに決定機を作ったものの、判官びいきの大声援を背に勇敢な守備を見せるパレスチナの前に、追加点を奪うことはできなかった。日本が「意図的に試合を終わらせた」とはとても言い難い終わり方である。

 キャプテンの長谷部誠は「勝てたことはよかったが、満足できるレベルのゲームはしていない」とし、こう語る。

「とくに後半は小さなミスが、僕も含めて多かった。試合を通して集中してやり切ることができなかった」

 長谷部はとくに後半のミスの多さを指摘したが、実際のところ、前半もミスが少なくなかった。

 本来チームを引っ張る存在となるはずの本田圭佑にしても、簡単なパスをミスしてボールを失ったり、きちんとボールを止めればシュートに持ち込める場面でトラップをミスしたりと、かなり出来は悪かった。

 また、同じく香川真司もせっかくいいタイミングでボールを受けて前を向いても、単調なパスを繰り出すばかり。目の前のスペースを利用して自ら仕掛けるようなプレイはほとんど見られず、攻撃を停滞させる要因にさえなっていた。

 昨年行なわれた親善試合で、香川はどちらかと言うとゴール前に入っていく意識が強く、結果として中盤を空けてしまうことにつながっていたが、今度は針が逆方向に振れ過ぎてしまった印象を受ける。

 昨年の反省を踏まえれば、香川のプレイは「悪くなかった」と言えるが、あれだけパサー然と振る舞うのであれば、インサイドMFが香川でなければいけない理由はなくなってしまう。

 日本代表の背番号10が高い能力を保持した選手であることは間違いないが、その能力は、果たしてインサイドMFの適性に合ったものなのか。これから先の試合を通じて見極めていくことになるだろう。

 貴重な追加点を決め、試合の流れを引き寄せた岡崎慎司は言う。

「もしヤット(遠藤保仁)さんのミドルシュート(先制点)が入っていなかったとしたら、自分たちで我慢してサッカーを続けなきゃいけなかった。そういう意味では今日の1試合だけではまだまだ分からない」

 どんな大会でも初戦は難しい。内容はともかく勝利することこそが重要だ。それについては否定しない。
 しかし、呆れるほど雑な試合内容に終始した最後の40分を見ていると、これが今後の試合に響かなければいいが、と不安になってくる。それほど日本はボールコントロールのミス、判断のミスと、とにかくミスが目立っていた。長谷部が語る。
「(気持ちを)切り替えたい。次の試合はまた別物になると思う」
 次の試合は別物――。まさにその通りだろう。次のイラク戦まで中3日。もしも快勝の余韻が少しでも残っているのなら、早く消し去るべきだと思う。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki