大河原邦男さんの手がける『美術手帖』2015年02月号表紙/(C)BIJUTSU SHUPPAN-SHA, LTD.

写真拡大

1月17日(土)に発売される美術雑誌『美術手帖』2月号にて、日本のロボットアニメやデザインに着目した「ロボット・デザイン」が特集される。

本誌では、「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツのデザインで知られる大河原邦男さんや、『ゼロテスター』『交響詩篇エウレカセブン』などのデザインに参加してきた宮武一貴さんなど、メカニックデザインの第一人者たちを取材しながら、世界的な文化として波及している日本のロボット表現の魅力とその広がりを紐解いていく。

日本の名だたるメカデザイナーに取材を敢行!



『鉄腕アトム』や『機動戦士ガンダム』『エヴァンゲリオン』など、数多くのロボットアニメ作品を生み出してきた日本。今回の特集では、作品紹介にとどまらず、デザインに込められた思想やロボット・アニメを取り巻く文化環境なども掘り下げる。

本誌には、前述のクリエイターのほかに、「マクロス」シリーズに登場する戦闘機や兵器などのデザインを手がける河森正治さん、『機動戦士ガンダムZZ』などで知られる明貴美加さん、『コードギアス 反逆のルルーシュ』の機動兵器・ナイトメアフレームを手がけた安田朗さん、『フルメタル・パニック!』などの海老川兼武さんなど、日本を代表するメカデザイナーが特集されている。

『美術手帖』では、これまでにも「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズを手がけるマンガ家・荒木飛呂彦さんや初音ミク、さらにはBL(ボーイズラブ)など、様々なポップカルチャーに関する特集を展開してきたが、今回も注目の特集となりそうだ。