写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドで13日、大ヒット映画『アナと雪の女王』をテーマにした新イベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」が開幕し、アナとエルサ、オラフが登場するパレード「フローズンファンタジー・グリーティング」がお披露目された。

「アナとエルサのフローズンファンタジー」は、映画の"その後"の世界を表現したイベント。絆を取り戻したアナとエルサが、エルサの魔法によって作られた雪と氷の美しい世界で、ゲストと一緒に冬を楽しむ。

グリーティングパレード「フローズンファンタジー・グリーティング」では、アナとエルサ、そして雪だるまのオラフが初めてパレードに登場。エルサの魔法によって創り出された氷の世界のエルフたちを先頭に、3人は、雪と氷がデザインされたフロートに乗って姿を現し、エルサの魔法で雪が降る中、映画の音楽を歌いながらパレードルートを巡った。

「生まれてはじめて」「あこがれの夏」「雪だるまつくろう」など、さまざまな挿入歌に乗せて、楽しそうにパレードする3人。途中、フロートが停止し、エルサが魔法をかけると、へんてこなポーズで凍ってしまう遊びをゲストと一緒に楽しんだ。その後、アナのお願いでエルサが歌い、「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」をみんなで大合唱。アナやエルサのドレスを身にまとった子供たちの姿も見られ、温かい一体感に包まれた。

「アナとエルサのフローズンファンタジー」は3月20日まで開催。夜には、プロジェクションマッピングを駆使したナイトエンターテインメント「ワンス・アポン・ア・タイム」を、『アナと雪の女王』をイメージした新たなシーンが登場する冬特別バージョンで公演する。そのほか、パーク内には、雪や氷の結晶やキャラクターモチーフのデコレーションがお目見えし、特別メニューやグッズなども多数登場する。

フローズンファンタジー・グリーティング場所:パレードルート公演時間:約45分(1日2回)出演者:約25人フロート台数:1台