4年に一度、サッカーのアジア王者を決めるアジアカップが1月9日、オーストラリア・メルボルンにて開幕。開幕戦で、開催国のオーストラリアが4−1でクウェートに快勝した。

 日本は4年前の前回大会優勝に続く2連覇を狙うが、アジア全体のレベルが上がってきており、どの試合も楽に勝たせてはくれまい。

 優勝争いのライバルとして、最初に挙げるべきは韓国だろう。しかし、その宿敵にはやや混迷の様子がうかがえる。

 そもそも韓国は、一昨年のワールドカップ(W杯)最終予選終了後に就任したホン・ミョンボ前監督が今回のアジアカップまで指揮を執ることになっていた。第2回大会以来となる55年ぶりの優勝へ必勝を期すはずだったのだ。

 ところが、ホン・ミョンボ前監督がW杯後に辞任。その後、後任にウリ・シュティーリケ監督が決まったものの、予定された監督交代ではなく、チーム作りにおいて順調さを欠いた印象は否めない。

 となると、最も警戒すべきは、やはり開催国のオーストラリア。ホームアドバンテージがあることはもちろん、昨年のW杯から引き続き、アンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執っており、継続性においては日韓両国よりも強みがある。

 昨秋日本と対戦した親善試合を見ても、かつてのロングボール頼みの大味なサッカーは影を潜め、しっかりとパスをつなぐスタイルが浸透してきている。日本にとっては最大の強敵と見て間違いない。

 ただし、これらの優勝候補の力が抜けているかと言えば、決してそうではない。アジア各国の力は接近しており、イラン、ウズベキスタン、イラク、ヨルダン、カタールあたりが差のない2番手グループを形成している。

 実際、日本は前回大会で優勝しているとはいえ、グループリーグ初戦から苦戦の連続だった。決勝までの全6試合のうち、5試合が1点差以内で、決して日本が他を圧倒していたわけではない。

 今大会では日本はグループリーグの組み合わせに比較的恵まれたと言えるが、4年前同様、それほど簡単ではないだろう。

 D組の日本がグループリーグで最初に対戦するのはパレスチナ。日本とパレスチナは昨年9月のアジア大会でも対戦しており、あくまで年代別代表同士の対戦ではあったが、サッカーのスタイルを考えるうえでは参考になる。

 パレスチナのサッカーは、ボールを保持して攻撃を組み立てるのがその特徴。一般的にカウンター主体の他の中東勢とは一線を画す。

 アジア大会では日本が4−0で勝利しているが、パレスチナを率いたマリアム・アブダルナセル監督は「このチーム(U−23代表)は若く、経験に乏しいが、トップチーム(A代表)はほとんどがプロ選手。アジアカップでの対戦では、日本はもっと難しいゲームになる」と自信をうかがわせていた。さすがに日本が負けるとは考えにくいが、名前から受ける印象ほど力の差はないと心得ておくべきだ。

 続く第2戦で対戦するのが、グループ最大のライバルとなるイラク。8年前の前々回大会の優勝国であり、ポテンシャルはアジアトップレベルにある。

 パレスチナ同様、日本はイラクとも昨秋のアジア大会で対戦し、1−3の完敗を喫している。8年前の優勝を知る経験豊富なベテランから、伸び盛りの10代までバランスよく選手が揃っており、個人能力、組織力ともに高い。グループリーグ最注目の一戦となる。

 そして、最後に対戦するのがヨルダン。ヨルダンとは前回大会でもグループリーグで対戦し、後半ロスタイムにコーナーキックから吉田麻也のゴールで引き分けに持ち込むのが精一杯だったのだから、その実力は言うまでもないだろう。一昨年のW杯予選でも北中米4位(メキシコ)とのプレイオフに進出し、本大会出場まであと一歩に迫った。確実にアジアで5、6番手につけられる地力が備わっており、日本にとっては気の抜けない相手となる。

 日本は首尾よくグループリーグを勝ち上がったとしても、その先で日程面での不利を抱えることになる。

 9日に開幕戦を戦ったオーストラリアに比べ、日本のグループリーグ初戦は3日遅れの12日。つまり、日本よりも3日早くグループリーグを終えるオーストラリアは十分な試合間隔を取って、決勝トーナメントに向かうことができるのだ。韓国もまた、オーストラリアと同じA組に入っているため、この2か国が日程面でのアドバンテージを握っているのは厄介な条件だ。

 日本は韓国、オーストラリアとは準決勝まで当たる可能性がないとはいえ、準々決勝で対戦するC組(日本が1位で通過すればC組2位と、2位で通過すればC組1位と対戦する)には、イランをはじめ、UAE、カタール、バーレーンと一筋縄ではいかない曲者が揃う。

 果たして日本は、再びアジアの頂点に立てるのか。決勝は1月31日、シドニーで行なわれる。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki