遠藤JAPAN好発進!アジア連覇へ向けて、「どう見ても八百長とは思えない」完璧な試合でパレスチナ撃破の巻。
遠藤JAPAN、大量得点で好発進!

ついに始まったアジアカップ2015。日本代表は初戦パレスチナ戦に臨み、遠藤・岡崎・本田△らのゴールで4-0と快勝。素晴らしい滑り出しでアジア連覇へ好発進を見せました。

客観的には、この試合は勝って当たり前と言えるもの。対戦相手のパレスチナはアジアカップ初出場、かつイスラエルとの紛争により正直サッカーをしているどころではないという状況の国。仕事が忙しくて大会への合流が遅れているメンバーもいるといいます。クリスマス休暇をしっかりとったあと正月返上で合宿を張ってきた日本とは、そもそも置かれた環境が違います。

しかし、「勝って当たり前」を勝つことが難しいのがサッカーというスポーツ。番狂わせが多く、ひとつのプレー・ひとつの判定で勝敗が変わってしまうのがサッカーの面白さであり難しさであり八百長のしやすさでもあります。「夢の舞台に立ったパレスチナが強豪日本を撃破し、国民を喜ばせた」というサクセスストーリーは、門外漢なら誰もが期待する展開。それぞれに想いがあり、希望がある。簡単な試合などひとつもない、それがサッカーです。

その中でキッチリと望む結果を出したこと。それもいろいろな意味で非の打ちどころのない結果を出したこと。その点では、日本代表の充実ぶりは見事だったのではないでしょうか。得点も十分に挙げ、失点はひとつもなく、カードももらわず、怪我人も出さず、余裕のある試合運びで完勝し、しかも八百長っぽいところは微塵もなかったのですから。

アギーレJAPAN発足当時は不安も多く、軽々しくアジア連覇などと言える感じではありませんでしたが、今ならハッキリと言えます。遠藤JAPANのアジア連覇の可能性は大である、と。早速今日にも決勝戦までの日程に沿った有給願いを提出し、しっかりと観戦の準備を整えておかなくてはいけませんね。

ということで、「八百長っぽくはありませんでした」という念のための確認と合わせて、12日のテレビ朝日中継による「アジアカップ2015 日本VSパレスチナ戦」をチェックしていきましょう。


◆ガンバ三冠の立役者でJリーグMVP!偉大な選手に頼って何が悪い!


中継の冒頭で連呼される「絶対に負けられない戦い」というフレーズ。アギーレ監督の「すべての試合で勝ちに行く」という宣言。いきなり立ち込める勝利への強い欲求は、僕をほのかに不安にさせます。「ヤオってやせんだろうな…?」と。勝ちたいあまりに悪に手を染める、それは人の世の常。僕は改めて真っ黒な色眼鏡を装着し、アギーレJAPANの戦いを注視します。

会場のニューカッスル・スタジアムには多くの観衆が詰めかけていました。日本サポーター、パレスチナサポーター、地元オーストラリアのファン。このスタジアムはゴール裏に座席がほとんどなく、大半は芝生席という珍しい造り。その影響か折からの強風が強くピッチにも吹き込んできます。多くの目、予想しづらい風。「風という不確定要素」「難しいコンディション」「ヤオりづらそう」と、初戦の難しさを感じます。

日本のスタメンはGK川島、DFラインに長友、森重、ヒゲを剃り忘れた吉田、酒井高、中盤には長谷部、遠藤、香川と並べ、3トップに乾、岡崎、本田△という形。パン、パンと互いに手を打ち鳴らして気合いを高め、堂々とピッチに入ってきます。笑顔もあふれるパレスチナ代表とは対照的な引き締まった表情。アジア連覇へ向け、我らが代表に油断はありません。仮にヤオってるとしても、選手にそれは知らされていない感じ、ビンビン伝わってきます!

↓日本のエース・岡崎は「できるうちに経験しておこう」という思い出の茶髪でアジア連覇に挑む!

ロン毛はやったか?ちょんまげはやったか?金髪もやっておけよ!

「髪へのダメージ」は髪があるうちしか与えられないからな!

↓昨年のJリーグMVP・遠藤は、正月から合宿で追いこんできたのに、しっかり正月太りで登場!

いいんだよ!太ってても!

ブラジルのドキュメンタリーとかで「めっちゃデブなのにめっちゃサッカー上手いジジイ」とかいるだろ!

ヤットさんはアレに成長している途中なんだよ!

↓スタンドにはガンバの7番のユニフォームを着て応援する外人の姿も!

うむ、よくわかっているな!

このチームの中心が誰であるかを!

眼・術・戦 [ 遠藤保仁 ]

価格:1,404円
(2015/1/13 10:43時点)
感想(4件)



そして始まった試合。日本はキックオフと同時にドリブルで持ち上がるなど、相手の出鼻を挫く攻めの姿勢。左サイドからの突破は立ち上がりから2本、3本と簡単に決まるなど、早くも得点の予感が漂います。一方、風上に立ったパレスチナは縦に送って少ない人数で素早く反撃を狙う格好。見たところ怖さはさほどないものの、強風の影響によっては何かが起きるかもしれないという不安は残ります。

そんなとき、まず欲しいのは先制点。試合を落ち着け、優位をガッチリつかむ先制点は、正月太りで背中が丸いあの男から生まれます。前半8分、DFラインからゆっくり組み立てる場面。ノーマークのままスルスルっと駆け上がった遠藤は、相手の中盤が自分にまったくついてこないことを見るや、「俺に出せ」と要求。ゴールまで20メートルあまり、ガラ空きの中盤からコロコロッとミドルを放つと、何とこれがそのままゴールへ!

年末年始の特番で60メートル先のゴミ箱にボールを蹴り当てた男のキック精度は、遊びのためだけにあるのではない!25メートルのコロコロミドルで日本代表先制!


一見ヤオっぽいGKの反応だけど、違うぞ!

相手DFがほんの少しだけコロコロミドルに触っているのだ!

そのため、わずかにコースが変わり、手をすり抜けたのだ!

このカスリ具合は八百長では再・現・不・可・能!

失点したことで前掛かりになるパレスチナ。しかし、日本は各選手が献身的に守備にかかり、コースを塞ぎ、身体をぶつけ、相手を挟み込んでボールを刈り取っていきます。「守って、守って、守り倒す」というアギーレイズム、選手たちにじょじょに浸透してきているようです。

日本の支配がつづく前半25分、今度は日本のエースによって追加点が生まれます。左サイドを突破した長友が中央に送ったクロスがこぼれた場面。ここで走り込んだ香川が鋭いミドルシュートを放つと、これが枠外に飛んでいることを察知した岡崎がボールスピードを上回る超反応を見せ、頭でコースを変えてゴールへ!

↓頭を手のように使う男の真骨頂!狙って当てて、狙って入れたスーパーゴール!


これがヤオでできるならやって見せてみろ!

岡崎の顔面に真っ直ぐ蹴り込んだ香川と、それを一発でゴールに沈めた岡崎、ハイレベルな曲芸の共演だ!

今の岡崎なら「錦織圭選手とテニス対決!錦織選手のサーブを岡崎選手は頭で返球できるのか!?」などの曲芸にも挑戦できるはず!

このスーパーゴールは八百長では再・現・不・可・能!

ふぅー、これで大丈夫でしょう。相手の感じを見ても、ここから3失点する姿はさすがに想像できません。もしそんなことがあれば、これはヤオ警察も吉田逮捕に動かざるを得ませんが、まぁ日本が買うことはあっても売ることはないでしょうしね。前半15分までに先制、前半30分までに追加点という理想的な展開で、日本がガッチリと足場を固めた日本は、さらに前半終了間際にも追加点。香川がパレスチナから奪取したPKを本田△が香川から奪取し、本田△がいつも通り真ん中に沈めて3点目をゲットしたのです。前半で盤石の3点リードを築き、余裕を持って後半に臨むこととなりました。

↓勢いをつけたい香川からガッチリとボールを奪い取り、これを決めた本田△!



いつの時代のGKの動きだよ、という飛び出し!

この飛び出しなら、仮に本田△が外してもPKはやり直しになるところ!

そういう意味では若干ヤオっぽい感じもする!

しかし、よく考えてみてほしい!

もしPKでヤオる場合は、審判を先に買収すべきであり、GKに「PKのとき上手く避けてよ」なんてお願いをするのは不自然!

このPKでは八百長かどうか判・定・不・可・能!

ヤオ族古布 yao012

価格:5,400円
(2015/1/13 10:44時点)
感想(0件)



前半で試合が決し、八百長でないことも明らかになったことで、観戦もまったりモードに移行。そもそもサッカー選手がそんな器用に演技などできるはずもありません。ヤオるつもりがうっかり止めてしまったり、ヤオるつもりがうっかり決めてしまったりするのが関の山。サッカー選手に演技力など期待してはいけないのです。

↓もし演技を期待するなら、最低でも密着指導してくれる女優の嫁くらいは必要でしょうなぁ!



演技派:「出せ、出せ!」
演技派:「参考資料、メールで送っておいたぞ」
演技派:「…ん」

いい演技だな!

その上司、私生活では自分のテクに絶対的な自信があってパスくれないタイプだけど、上手く演じている!

ありがとうローサ!

さて、若干弛緩した空気で迎えた後半。日本は後半頭から乾に代えて清武を投入し、今後を見据えた実戦テストも行ないます。余裕を持った試合展開で、合流後の実戦がない新戦力に試運転の機会を与えるあたり、アギーレ采配には無駄がありません。

↓後半開始早々には香川のこの日2アシスト目となる吉田のヘッド弾で4点目!


オイ、パレスチナDF!

もっと積極的に身体をぶつけろよ!

簡単に獲らせすぎ、簡単にイイ場面作らせすぎだろ!

このヘッドは若・干・ア・ヤ・し・い!

吉田が個人的に何か手を回している可能性は現段階では完全に否定できないものの、もはや試合は完全に決している状況でしたので、特に問題視する必要はないでしょう。大勢に影響ないオマケの1点に過ぎません。こうなればあとは試合を粛々と終わらせるだけ。パレスチナもちょっとムカついてきたのか、荒っぽいスライディングとかを繰り出すようになってきましたし、適当に回して適当に帰るのが吉です。

アギーレ監督も、明確にそのメッセージを伝えるべく、遠藤を下げて武藤を投入。チームの核を外すことで、自主的に機能不全を引き起こします。今後の試合に向けた遠藤の温存。清武の複数ポジションでの試運転。5点も6点も取ると必要以上に警戒されるという意味で、チカラを隠す煙幕。一手で3つの効果をもたらす効果的な采配には、さすが勝負師だなと唸らされます。

そんな状況ですので、後半28分に相手がイエロー2枚で退場した場面も、まったく気に病むことはありません。コチラはすでに手仕舞いなのです。あえて買ってまで退場してもらう必要はないのです。相手が一生懸命頑張り、勝手に退場しただけのこと。僕の真っ黒な色眼鏡で見ても、最後まで疑いようのない試合ぶりには、まずはひと安心と言ったところでしょうか。

↓後半終了間際には、清武・本田△・武藤・長友と4回狙って全部外すピンボールみたいな八百長不可能場面も見せた!(動画の6分30秒過ぎから)


<この場面を中継したテレ朝の解説>
実況:「クロスがきたぁ!」
中山:「きたぁ!」
松木:「きたきたぁ!」
実況:「キヨタケェッ!!」(※清武のシュートは防がれる)
松木:「ぬぉぉぉぉ!」
中山:「いーやぁぁぁ!」
松木:「抜けてけ!」(※聞き取れず)
実況:「ホンダッ!」(※本田△のシュートは防がれる)
松木:「あぁぁぁっ!」
中山:「いーやぁぁぁ!」
実況:「まだあるぅ!」
松木:「よぉしよしっ!」(※武藤はシュートまで持っていけず)
中山:「おぉぉぉぉぉ!!」
松木:「あーーーーー……」
実況:「まだありますっ!」
実況:「長友!!」(※長友のシュートは防がれる)
松木:「あぁぁぁっ!!」

前から言おうと思ってたんだけど、この解説2人もいらねぇよwww

ポジションどんかぶりじゃねぇかwww

「あぁぁぁ」と「いやぁぁぁ」が渋滞してるだろwww

ひとり引き気味のポジションを取るヤツがいないとうるせぇwww

大声で鳴くニワトリ(shrilling chicken)43cm ブラウン日用品雑貨・文房具・手芸 その他

価格:1,210円
(2015/1/13 10:46時点)
感想(0件)



終わってみれば4-0の完勝。監督・選手は決して気を緩めはしないものの、ほぼ完璧な内容と言ってもいい初戦に、連覇に向けていい手応えを感じたに違いありません。得点力、守備の乱れ、八百長という当面の3つの課題に満点回答を示した日本代表なら、今後の戦いでも大いに期待できそうです。

遠藤が抜けたあとの停滞ぶりは必ずしも満足できるものではありませんが、リーグ3冠・MVPを達成した代表キャップ通算149(!)の選手がピッチから去れば、多少なりとも悪くなるのは当たり前のこと。貴重な燃料を大事に使うよう、決めるべきときにしっかり決めることを意識して、残り5試合全勝でいってもらいたいもの。遠藤JAPANなら、できない話ではないはずです。

会社のみなさま!すみませんが16日・20日・23日・26日・27日は休みます!