宇宙ビジネスに投資が集まっている:伊スタートアップの場合

写真拡大

D-Orbit は、利用期限を迎えた人工衛星の解体システムを開発しているイタリアのスタートアップ企業だ。220万ユーロの投資を受けて、宇宙に向かう準備をする。

「宇宙ビジネスに投資が集まっている:伊スタートアップの場合」の写真・リンク付きの記事はこちら

使われなくなった人工衛星はどんな最期を迎えるのだろうか? どうやって廃棄処理するのだろうか? 宇宙公害が拡大するリスクはないのだろうか? ゴミ処理は、家でも大気圏外でも、「space」(空間=宇宙)の問題だ。

これは途方もないコストのかかる問題だが、「宇宙の清掃人」になることを目指しているイタリアのスタートアップ企業、D-Orbit にとっては、220万ユーロ以上の価値がある。実際のところ、この220万ユーロという金額は、企業を率いる技術者グループが新旧の投資家たちから獲得した最近の資金調達額だ。

2011年に設立された D-Orbit は、人工衛星の解体システムの開発の活動を行っている。彼らが提供するのは、稼働期間の終わりを迎えた人工衛星を安全に制御して撤去するためのソリューションだ。

同社は設立から3年あまりで国外へ打って出て、ヨーロッパとアメリカで確たる存在感を築いている。商業的に有望なパートナーシップを結び、世界中の宇宙機関── ASI(イタリア宇宙機関)、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)、さらには NASA ──からの承認と支援を獲得した。

TT VentureQuadrivio 系列の、ヴェンチャー・キャピタルにフォーカスしたセグメント)と Como Venture もこの企業の可能性を信じている。彼らは、ここ最近の資金調達ラウンドの責任者だ。

「わたしたちは、人工衛星にインテリジェントな推進エンジンを供給します。そのとき必要になるのは、燃料です。Quadrivio と Como Venture の協力は、まさにいま、わたしたちが必要としているものです」と、D-Orbit 創設者で CEO のルーカ・ロッセッティーニはコメントした。その「燃料」はイタリア製かもしれないし、どこか海外の企業が用意するのかもしれない。いずれにせよ、多くのプレイヤーたちが、宇宙ビジネスを求めている。

宇宙に人工物が溢れかえっている現在の状況は、具体的な問題となっているだけでなく、産業界に副次的効果をもたらすものだ。実際に Como Venture は、イノヴェイションが起きうるプロジェクトに参加する機会を得ただけでなく、地域の企業を巻き込む可能性をも得たことになる。

宇宙への投資は、予想されているよりもずっと地に足の付いたものになるかもしれない。

TAG

New BusinessSatelliteSpaceStartupWIRED IT