写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STMicroelectronicsは1月8日、車載機器向けに高耐圧・超高速ダイオード10品種を発表した。

同製品は、重量が50mg、厚みは1mmのSMBflatパッケージで提供される。競合製品が使用する標準的なSMBパッケージ(厚さ2.4mm)から約60%薄型化されており、車内の限られたスペースに取り付けるために軽量かつ薄型が求められる電子制御ユニットに最適となっている。さらに、表面実装型のSMBflatパッケージ(リード)は、SMBパッケージ品とフットプリント互換性があるため、既存のプリント基板上で問題なく置き換えができる。この他、動作温度範囲は-40℃〜175℃と広いため、車載アプリケーションだけでなく、過酷な環境下に設置される移動基地局や屋外照明などにも適している。

また、今回発表された10品種は、超高速ダイオードの電流定格は1A〜3A、繰り返しピーク逆電圧定格は600V〜1200Vがラインナップされている。同ファミリには、「Lシリーズ」と「Rシリーズ」があり、「Lシリーズ」は順方向電圧(VF)が低いため、導通損失を抑える必要のある回路に適している。一方、「Rシリーズ」は逆回復時間(trr)がより短くなっている。逆回復時間が短いとスイッチング損失が最小限に抑えられ、高速なスイッチング周波数においても高効率で動作するため、外付けのインダクタおよびコンデンサが小型化できる。

なお、現在量産中で、1A/600Vの「Rシリーズ STTH1R06UFY」の価格は、100個購入時で約0.15ドルとなっている。

(日野雄太)