伏見の連続放火 17歳少年に「死亡しても構わない」という未必の故意

ざっくり言うと

  • 京都市伏見区で昨年8月、夫婦が焼死した連続放火事件
  • 京都府警は殺人と現住建造物等放火などの疑いで、17歳少年を再逮捕する方針
  • 府警は「死亡しても構わない」という未必の故意があったとの見方を強めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング